有村藍里の二匹目のどじょう? 鈴木奈々の「バストの変化」に視聴者が前のめり!

日刊サイゾー / 2019年4月23日 12時0分

写真

 テレビ業界では「鉄板」とされてきた“ビフォーアフター”ものが、ここにきて艶進化を遂げつつあるようだ。

 4月16日の『噂の現場急行バラエティー レディース有吉』(フジテレビ系)では、バストアップに関する特集が放送され、鈴木奈々に起きた“奇跡の胸揺れ”に視聴者から驚きの声が上がった。

「番組では、36人の芸能人にバストアップ専門店での施術の様子を見せてほしいとオファーしたものの、断られた。しかし、Aカップのバストにコンプレックスを持っているという鈴木奈々は、『明るいところでは旦那さんに見せられない』と悩みを明かし、この企画を快諾。全身エステを体験することになりました。美容機器で体に電流を流すなど、施術にはかなり激しい痛みが伴ったようですが、耐え抜いた結果、みごとAカップからBカップにサイズアップ。喜んだ彼女がジャンプすると、確かにプルプル揺れているのがわかりました」(テレビ誌ライター)

 これには同じ悩みを抱える女性や、スケベ目線で観ていた男性もテレビにクギ付けになったようだが、テレビ関係者は、今回のような肉体に関するビフォーアフターものは今後増えていきそうだと語る。

「きっかけは3月3日に放送されたドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)です。この回では、有村架純の姉・有村藍里が整形手術を受ける姿を公開。昨年度の同番組の最高視聴率8.9%をマークしました。瞬間最高視聴率では10.8%と2ケタ超えを果たし、『整形ネタ』が“金脈”だとわかった。しかし、出演してくれる有名人が頻繁に見つかるわけはありませんから、『バストアップ』のようにバリエーションを変えていくしかない。4月16日の『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)でも美尻トレーナーを特集し、美尻を目指す一般女性の姿が放送されています」

“ビフォーアフター”ものといっても洋服やメイク、家や収納といったジャンルは飽きられてきただけに、より刺激の強い企画が求められそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング