大坂なおみ出演ナイキCMは、日本のマスコミを揶揄!? 「揶揄されても仕方ない」と世間から賞賛も

日刊サイゾー / 2019年6月1日 9時0分

写真

 現在、女子テニスの世界ランキング1位のプロ選手であり、全仏オープンに出場中の大坂なおみ。そんな大坂に関するある動画が、物議を醸しているという。

 それは、スポーツ用具メーカーのナイキが大坂を起用して制作したCMだ。この動画はまず24日に動画投稿サイトのYouTube上で公開されたもので、大坂が一人で練習しているところに、英語と日本語で記者からの質問が飛び交い、最後に大阪が、口に人差し指を当てて沈黙を促した後、サーブを打つシーンで終わるという内容。質問の内容は、英語のものでは意識している選手やライバル、自身のアイデンティティについて日本人かアメリカ人かを問うものや、もっと笑顔を見せるべきではというものとなっている。しかし、日本語の質問は「何か賞金で買いたいものはありますか?」「日本語で答えてください」「またこの後もカツ丼食べますか?」というレベルの低い内容のものばかりとなっており、これが日本のマスコミのレベルの低さについて揶揄をしているのではないかと物議を醸しているのだ。

 この件について、ネット上では「ナイキに揶揄されるほど日本のマスコミはしょうもない」「日本人記者が下らないのは事実」と、そもそも日本のマスコミが問題だとする声が圧倒的に多い。中には「ナイキが日本を差別しているんでしょ」というような声もあるが、これらは実際に彼女が受けた質問と一致しているというコメントもあり、日本のマスコミが行う質問に、下らないものが多いという認識を持っている人がほとんどのようだ。

「まあ日本のマスコミは、自分が聞こうと思っていた質問が他の記者に聞かれた場合でも、何かしら質問をして自分が仕事をしたというアピールをする必要がありますし、テレビの場合は自分の局の記者がした質問シーンが欲しいという背景がありますからね。だから、完全にネタが切れてしまった場合などは、レベルの低い質問が出てしまう部分はあるのでしょう。ただ、5月の初めに大津市で起こり、園児2人が亡くなった事故の際、保育園側が開いた記者会見で、保育園側の安全責任に関して本来被害者であるはずの保育園側を追及するような内容や、事故に遭った園児の出発前の様子などについて、質問を繰り返す姿勢に対して、批判が続出するという騒動がありましたよね。もちろん、事実を明らかにするという点において、記者会見などを通した質問を行うことは重要ですが、必要のない質問……たとえば、このPVであればカツ丼を食べるとかですね(笑)、そういうものをしてしまうのはどうなのかなあと思うことはありますよ」(週刊誌記者)

 果たして、このナイキが行ったPVが本当に日本のマスコミについて揶揄する意図があったかは不明だが、そうされても仕方がない理由が日本のマスコミ側にあることも確かなようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング