宇垣美里の非常識ぶりに唖然!「民度が知れる」発言が特大ブーメランになって業界を干される危機

日刊サイゾー / 2019年7月15日 23時58分

写真

 これは言うべき話ではなかっただろう。

 3月にTBSを退社したフリーアナウンサーの宇垣美里が7月12日、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。週刊誌で報じられたTBS時代の「コーヒーぶちまけ事件」の真相を告白した。

「宇垣は担当していた番組のプロデューサーに降板を告げられた際、それが1~2週間前と急だったことに『失礼』だと憤慨。相手が宇垣のために買ってくれたコーヒーを『あなたからもらったコーヒーは飲めませんとジャーッと捨てた』と明かし、“かけてはいない”と弁明しました。しかし、プロデューサーとの『内々の話』が外部に漏れたことについては『民度が知れるわ』とバッサリ。ダウンタウンらを唖然とさせていました」(テレビ誌ライター)

 宇垣は言い過ぎたと気づいたのか、この部分を編集してほしいというしぐさを見せていた。

 とはいえ、入社数年の社員が目上のプロデューサーに対してとった行動としてはあまりに非常識だったため、ネット上では「普通の人は怒りでコーヒーをジャーと捨てることはまずないです」「『要りません』と断るか、飲まなければいいだけ。ジャーッと捨てなきゃいけない意味がわからない」「一般企業の人事異動だっていきなりのほうが多くない?」「どんだけ天狗なんだよ」と批判コメントが飛び交うなど炎上状態となっている。

「この件は『あさチャン!』を降板したときの話ですから、プロデューサーも特定できてしまう。宇垣は現在もTBSラジオに出演しており、お世話になっている会社を全国放送で『民度が知れる』と罵るとはあまりにも思慮が足りなかった。普通なら番組を下ろされても仕方がないほどの暴言です。ヒステリックなイメージがついてしまったことで、番組スタッフも改めて使いづらいと感じたでしょうし、食べ物を粗末にしたことで食に関する番組へのオファーも難しくなった。男女とも応援したい人が激減したのではないでしょうか」(芸能記者)

「民度が知れる」は特大ブーメランとなって、宇垣に突き刺さってしまったようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング