浜崎あゆみ、36度の高温室内でのリハ風景に騒然「ダンサーは大丈夫なの?」

日刊サイゾー / 2019年8月1日 12時5分

写真

 浜崎あゆみが30日、自身のインスタグラムを更新した。

 現在、全国ツアー真っただ中の浜崎。先日の投稿では「ショートブレイクを使って一座みんなでハワイへ」とつづり、自身のバックダンサーらとハワイ旅行に行っていることを明かして話題になったばかり。

 そんな浜崎が今回の投稿で、ハワイからの帰国後一発目となるライブのリハーサル風景をストーリーズに公開した。

 投稿された6枚の写真には、それぞれ「本日、33度」「現在室温36度」「本番何度よ」「ひとつ確かなコトは」「全身全霊で楽しんだモン勝ちです。」「行くぜ!神奈川」とコメントが書かれており、浜崎やダンサーたちが、気温36度という猛暑の中でリハーサルしていたことが明らかになった。

 これに対し、一部ネット上では「え?36度ってかなりの暑さだけど…ダンサーは大丈夫なの?」「この暑さをドヤられてもね…熱中症になったらどうするんだろうね」「何かっこつけてるの?普通に暑すぎなんだから休ませてあげなよ」「36度の中リハーサルしたことをアピールされてもな…」という厳しい声が上がっていた。

「36度といえば猛暑日レベルの暑さであり、その中で踊ったり歌ったりするのは、かなり過酷でしょう。全身全霊で楽しむのはいいが、ハワイ旅行帰り直後とあって、ツアーメンバーの体力消耗、熱中症が心配されますね」(音楽ライター)

 夏はいよいよ本場。浜崎あゆみ一座の頑張りに期待だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング