ジャニー喜多川さんのお別れ会で漏れ伝わってきたジャニーズ事務所の”不穏な噂”の数々

日刊サイゾー / 2019年9月4日 19時0分

写真

 7月9日に死去した、ジャニーズ事務所・ジャニー喜多川社長(享年87)のお別れ会が4日、東京ドームで開催され、その模様を各メディアが報じた。

 お別れ会には近藤真彦からジャニーズJr.まで154人の所属タレントや、OBの郷ひろみ、川崎麻世、元シブがき隊の薬丸裕英&布川敏和らが参列。

 近藤が所属タレントを代表してあいさつし、ジャニーズアイランドの滝沢秀明社長がプロデュースした過去のライブや舞台をまとめた約10分間の映像やジャニーさんの誕生会の様子が流れ、そのナレーションを少年隊の東山紀之がつとめた。

「あいさつをしたマッチですが、ジャニーさんが亡くなった日を『7月7日』と言い間違え、参列者から失笑が漏れました。終了後、新社長の藤島ジュリー景子と東山が参列者を見送りましたが、社長の重責からかジュリー氏は以前よりやつれた姿が印象的でした」(お別れ会への参列者)

 参列者のうち、少年隊は東山と植草克秀が出席し錦織一清は欠席したが、どううやら、錦織には退所説が浮上しているというのだ。

「錦織はジャニーさんの背中を追い掛けるべく、演出家としての腕を磨いています。ところが、メリー喜多川副社長から『もっと稼ぎなさい!』と発破をかけられてヘソを曲げ、おまけに、ほかのメンバー2人との関係も悪く退所を決意。発表も近いともっぱらです」(芸能記者)

 前日3日まで東京ドームで公演を行っていた関ジャニ∞は6人そろってお別れ会に参列したものの、こちらもついに重大発表の日が近付いているという。

「東京ドーム公演の最終日、以前から脱退がうわさされていた錦戸亮か大倉忠義の脱退発表があるのではと言われていました。しかし、4日にジャニーさんのお別れ会が入ってしまったため発表を延期。しかし、5日以降の数日中に発表があるのではと言われています」(音楽業界関係者)

 ジャニーさんのお別れ会終了を機に、ジャニーズ帝国が大きく揺らぐことになりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング