TOKIO・城島茂の妻、関ジャニ∞丸山隆平との二股交際疑惑で”ジャニオタ”の可能性が急浮上!

日刊サイゾー / 2019年10月17日 12時12分

写真

 先月、24歳年下のグラドル・菊池梨沙と近日中に結婚し菊池が妊娠4カ月であることを会見で報告したTOKIOのリーダー・城島茂だが、発売中の「週刊文春」(文芸春秋/10月24日号)が菊池の過去の二股疑惑を報じている。

 城島と菊池は4年前から交際をスタートさせ、順調に愛を育んで来たと思われていたが、同誌によると、城島は自分が女性のいる店で飲み歩いているにもかかわらず、菊池を束縛すためにケンカが絶えなかったのだとか。

 城島のことで頭を悩ませていた菊池の心に取り入ったのは、なんと後輩である関ジャニ∞の丸山隆平だった模様。

 そして、2017年11月末、城島は自身が行きつけの飲食店で菊池と同席。その席に丸山を呼び出し、丸山には穏やかだった一方、菊池に対して丸山との浮気を問いただしたというのだ。

 丸山は菊池と城島のちょうど真ん中の世代。菊池にとっては良き相談相手だったに違いないが、どうやら、城島と菊池の“痴話ゲンカ”に巻き込まれてしまったようだが……。

「芸能界の女性タレントでジャニオタは多いが、なかなかジャニーズタレントに接近するのは難しい。にもかかわらず、城島のみならず丸山にも接近できたということは、ジャニーズタレントとの強力なネットワークがある知人がいると思われる。そして、そういうコネがあるジャニオタは最終的には自分の好きなジャニタレをゲットすべく、他のジャニタレとも関係を持つことはよくあること。菊池は城島が最終目標ではなく、ほかのジャニタレを狙っていたのでは」(芸能記者)

 かつて自殺したセクシー女優は櫻井翔以外の嵐のメンバー4人と男女の関係になっていたことを一部で報じられた。なかなかそこまでの強者はいないが、菊池にもそうなる要素があったのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング