EXIT兼近、「男前1位」過去の逮捕歴が暴かれるもまったく人気が衰えないワケ

日刊サイゾー / 2019年11月2日 21時0分

写真

「間違いナイトプール!」「ポンポンポーン!」パリピ系チャラ男漫才で大ブレイクしたお笑いコンビ・EXITの兼近大樹の人気がいよいよ本格化してきた。

デビュー当初から、「イケメン」と言われてきた兼近は、10月30日に発表された「よしもと男前ブサイクランキング」の投票開始一週間の途中結果で、なんと男前ランキング1位に。相方のりんたろー。も4位に食い込んだ。

「兼近といえば9月、過去に売春防止違反の疑いで逮捕されたことが週刊誌にスクープされ、世間を騒がせました。同じ吉本芸人では、闇営業騒動で世間からバッシングを浴びた雨上がり決死隊の宮迫博之やロンドンブーツ1号2号の田村亮はいまだに謹慎中です。それなのになぜ、兼近は世間から許されたのか? と業界内でも関心を呼んでいます」(週刊誌記者)

 そんな兼近の一面をあらわすエピソードを、前出の記者が証言する。

「先月、東京モーターショーのイベントにジャングルポケットやコロコロチキチキペッパーズやEXITなど、吉本興業のお笑い芸人が多数出演した日があった。その中でも兼近は、自分の月収を開けっ広げに暴露したり、他の出演者の誰よりも会場の観客に手を振ったり、声をかけるなどして、終始笑顔でサービス精神旺盛でしたね。そうした神対応に、観客からの声援も一番多く、騒動の影響をまったく感じさせませんでした」

 逮捕が暴かれた週刊誌のインタビューにも、「いつか絶対バレることなんで。(逮捕を知ってくれたことを)正直、嬉しかったです」と、答えていた兼近は、すでに大物の片鱗を見せていたようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング