嵐・二宮和也の結婚発表、メディア情報解禁が「火曜午後11時」だった理由とは?

日刊サイゾー / 2019年11月13日 17時30分

写真

 ジャニーズ事務所の人気グループ・嵐の二宮和也が12日、かねてから交際していた、2歳年上の元フリーアナウンサーの一般女性と結婚することを、マスコミ各社にあてた書面やファンクラブサイトに掲載した直筆メッセージなどで発表した。

 しかし、この発表に関しては、お相手の名前は以前は大々的に実名で報じられていたにもかかわらず匿名。そして、ネットでの解禁時間もあらかじめ指定されていたという。

「夕方あたりからジャニーズの息のかかってないニュースサイトなどが続々と結婚発表を掲載し始めたが、きちんとジャニーズからリリースをもらったメディアの解禁時間は午後11時。記事に掲載にあたっては、一部既報の通り、お相手の代理人から書面が届き、すでに一般人なので実名・イニシャル・顔写真の掲載はNGという旨が書かれていたので、各社はそれに従いました」(芸能デスク)

 12日の各スポーツ紙やワイドショーの芸能ニュースは、10日から11日にかけての嵐の「弾丸アジアプロモーション」を大々的に報じたが、ひと息付く暇もなく嵐の重大発表ネタを入れ込んで来たが、なぜ「火曜午後11時」の解禁だったのか。

「ジャニーズの長年の“宿敵”である『週刊文春』(文芸春秋)の校了が終了した時間にぶつけようとしたともっぱらです。そういえば、ジャニー喜多川社長の訃報も、文春の校了が終わった火曜夜の発表。しかし、二宮の結婚は解禁前に文春のニュースサイト『文春オンライン』が掲載、大手ポータルなどに配信されました。無論、ジャニーズの幹部は激怒しているそうですが、後の祭りでした」(週刊誌記者)

 さりとて、文春最新号には間に合ってしまったのだが……。今回は情報が漏れてしまったものの、今後も重大発表は火曜の夜になる可能性が高そうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング