ツキにも見放された木村拓哉、裏番組が強すぎて『グランメゾン東京』の低迷続く

日刊サイゾー / 2019年11月19日 17時33分

写真

 木村拓哉が主演する、TBS系連続ドラマ『グランメゾン東京』(日曜午後9時~)の低迷が続いている。

 17日に第5話が放送されたが、視聴率は12.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)どまりで、前週より0.7ポイントダウンしてしまった。

 初回は12.4%で発進し、第2話は13.2%、第3話は11.8%、第4話は13.3%、そして第5話は12.6%と推移し、ここまでの平均は12.7%。TBSでは15%をノルマとしていただけに、現状ではなんとも期待外れの結果に終わっている。

 同ドラマはフランス料理の天才シェフ・尾花夏樹(木村)がパリに自分の店を持ち、二つ星を獲得する。しかし、ある事件をきっかけに、店も仲間もすべて失い、ドン底まで落ちる。そんな中、女性シェフ・早見倫子(鈴木京香)と出会い、もう一度シェフとして生き直そうと決意。世界最高の三つ星レストランを作り上げることを目指す物語。及川光博、沢村一樹、Kis-My-Ft2・玉森裕太、尾上菊之助、冨永愛、中村アンらの豪華キャストがワキを固めている。

「共演者も充実して、ストーリーも決して悪くはないと思います。木村の求心力が低下したのは事実ですが、裏番組との兼ね合いなどが原因で、数字が伸び悩んでいるのも否めない。その点では、木村はツキにも見放されてしまったのかもしれません」(テレビ誌記者)

 事実、初回(10月20日)は、『SMBC日本シリーズ第2戦 ソフトバンク対巨人』の放送が延長となり、50分遅れのスタートとなるハンディがあった。第2話(同27日)では、裏の『フィギュアグランプリシリーズ2019カナダ大会 男女フリー』(テレビ朝日系)が15.6%の高視聴率を獲得。

 第3話(11月3日)は強力な裏番組はなかったが、第4話(同10日)では、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、ダウンタウン・松本人志が初出演するサプライズ効果で15.3%をマーク。第5話(同17日)では、『世界野球プレミア12決勝 日本対韓国』(テレ朝系)が18.8%を獲っている。

 こうしてみると、第3話以外の4回は、放送時間遅延や、強力な裏番組の出現に阻まれているのだ。

「スポーツ中継は後で録画で見てもつまらないので、どうしてもリアルタイムでの視聴が多くなる。その点でドラマは不利で、人気の高いフィギュアや世界野球には勝てなくても致し方ないでしょう。ただ、第3話で11%台しか獲れなかったのは痛かったですね。『グランメゾン東京』は、ここから先どう巻き返していくかが見ものですね」(同)

 木村が今回と同じTBS日曜劇場枠で主演した『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(2013年10月期)は不評渦巻く中、全話平均12.8%で終わっている。『グランメゾン東京』はさらにそれを下回るペースで、関係者も頭を抱えているだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング