赤西仁、錦戸亮の中国進出を強力バックアップ! ジャニーズ退所組の新たなモデルに!?

日刊サイゾー / 2019年12月5日 18時0分

写真

 11月28日、都内で中国最大のSNS・微博(ウェイボー)が主催する「WEIBO Account Festival in Japan 2019」が開催された。今年で2回目の開催となる本アワードでは、竹内涼真、志尊淳、小嶋陽菜、乃木坂46など中国で大きな影響力を持つ著名人や日本企業が表彰された。

 近年では多くの芸能人がアカウントを開設している微博だが、ジャニーズ事務所所属タレントの参加も目立っている。昨年6月の山下智久を皮切りに、木村拓哉、嵐など、人気アイドルたちが続々とアカウントを開設しているのだ。そんな中、注目が集まっているのが“退所組の共演”である。

 今年9月いっぱいでジャニーズを退所した元・関ジャニ∞の錦戸亮は、その翌日、公式サイトやYouTube、Twitterとともに微博アカウントも開設。覚えたての中国語でファンに挨拶する動画を投稿し、中国ファンを大いに喜ばせた。「海外向けのファンクラブ、ぜひ作って!」「中国でコンサートやファンミーティングをやってほしいです」「山Pに続いて、錦戸君も微博に来てくれた!」など3000を超えるコメントが寄せられたが、さらに注目を集めたのが、元KAT-TUN・赤西仁との絡みである。

 プライベートでも仲が良いことで知られる2人だが、赤西は錦戸のコメント欄に「Did you change your account name from the original one?」(アカウント名、変えたの?)とメッセージを寄せ、これに中国ファンが大きな反応を見せたのだ。「私の大好きな2人が微博で交流してる! こんな瞬間が訪れるなんて!」「日本で2人が共演するシーンなんて全然見たことないけど、微博をきっかけに中国で共演してほしい」など、歓喜の声が続々と寄せられている。

 また、11月3日の錦戸の誕生日にも赤西はメッセージを送るなど、仲むつまじい様子を見せている。

 赤西は、14年の退所と同時に中国での活動を開始。15年には中国最大のオンライン動画サイトが主催する「愛奇芸尖叫之夜」で「アジア人気アーティスト賞」と「年度音楽大賞」を、日本人として初受賞したり、昨年は人気中国ドラマ『The Legends of Monkey King』に準主役級の役で出演するなどして、中国圏で着実に人気を獲得している。微博のフォロワー数は280万超で、昨年の「WEIBO Account Festival in Japan」では「最も影響力あるアーティスト賞」を受賞した。

 そのため、錦戸の中国進出についても赤西がアドバイスしているようで、そのかいあってか、錦戸の微博は開設から3カ月でフォロワー数は23万を超えている。

 日本の芸能界のようにしがらみのない中国は、退所組にとってドル箱といっても過言ではない。近い将来、2人で同じステージに立つ姿も見られるかもしれない!?

(文=廣瀬大介)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング