フジ・宮司愛海アナ、初フォトブックをプロ野球選手に配り歩きで“お見合い写真”状態に!?

日刊サイゾー / 2020年1月23日 17時55分

写真

 田中みな実が昨年出版した写真集は50万部の大ヒットとなり、彼女は1億円を超える印税を手にすることとなった。

 今後は空前の女子アナ本ブームが来そうな気配だが、その先陣を切るのがフジテレビの宮司愛海アナ。1月29日には初となる撮り下ろし写真集『S-PARK 特別編集 宮司愛海フォトブック まっすぐ』(講談社)が出版されるとあって、女子アナファンから注目を浴びている。

「同局のエース女子アナの座を巡り、永島優美アナや三田友梨佳アナとデッドヒートを繰り広げてきた宮司アナですが、東京五輪番組への出演も決まり、彼女が2020年に抜け出しそうです。同写真集では、『S-PARK』の打ち合わせや職場のデスク風景のほか、サーフィンをしている姿も収められている。胸のふくらみやボディラインがばっちり堪能できるファン垂涎の出来栄えのようです」(芸能記者)

 田中の場合は、写真集を仕事に繋げようという意図が見えたが、宮司アナの場合は別の用途に使っているという。テレビ関係者が明かす。

「局員には自腹で買わせようとしているのに、プロ野球選手には見本版を配り歩いていて、ほとんど野球選手専用のお見合い写真と化している。実際、彼女は以前、東京ヤクルトスワローズの主砲・山田哲人内野手との交際説が浮上したように、野球選手狙いのフシが見られますからね」

 売り込みが成功すれば、東京五輪後にも熱愛がスクープされるかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング