木村拓哉、初のソロアルバムが中国でも絶好調! 勝因は日本ではタブーのSNS?

日刊サイゾー / 2020年1月23日 20時0分

 1月8日、初のソロアルバム『Go with the Flow』をリリースした木村拓哉。オリコン週間ランキングでは初登場1位、週間売り上げ12.7万枚を記録するなど順調な滑り出しとなったが、中国でも「QQ音楽」などのストリーミングサービス上で同時配信され、話題を呼んでいる。

 この日、木村は中国版Twitter「微博」に、中国語で「みんなー! 新曲はもう聞いてくれた!? 拓哉」というコメントと共にMVのメイキング動画を投稿。さらに、微博の運営公式アカウントでは「One and Only」のMVフル動画が公開され、現在までに200万回の再生回数を記録している。微博では「木村拓哉新曲MV」が一時トレンド入りするなど、大きな注目を集めた。

 中国のファンからは「初めてのソロアルバムを日中同時発売ということは、これから中国にもたくさん来てくれるということかな?」「早速購入したよ!(通販を利用して)30枚買った人もいるみたい」「中国語も上手だし、中国語で毎日微博を更新してくれている。中国でのソロコンサートもあるかも!」など、木村の本格的な中国進出を歓迎するコメントが多く寄せられている。

 一方、木村の次女・Koki,は、すでに本格的な中国進出を果たしている。昨年には、モデルとしてファッション誌「Harper’s BAZZAR」中国版や、「Super ELLE」などにカバーガールとして登場。さらに、中国で絶大な人気を誇るTFBOYSや、元EXOメンバーのクリスと共演するなど、中国国内での知名度を一気に高めている。

 今年に入ってからも中国での仕事は多いようで、元日には微博で新年の挨拶と共に「Harper’s BAZZAR」中国版で表紙を飾る自身の写真を公開。さらに8日には、「Marie Claire」中国版でクリスと共に表紙を飾った。

 近い将来、現地でもファンの多い母・工藤静香も加えた親子3人が、中国で共演する日も近いかもしれない!?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング