『チコちゃんに叱られる!』五輪延期も、賛否の岡村嫁探し企画は終了?

日刊サイゾー / 2020年4月3日 16時0分

 

 3月27日に放送された『チコちゃんに叱られる!』(NHK)のゲストは、森七菜と西川貴教。NHK連続テレビ小説『スカーレット』と『エール』に出演する2人である。

 また、MCの岡村隆史と西川といえば、90年代後半の『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)の顔的存在とも言うべき2大巨頭だ。両雄が並び立った光景に思わずアガってしまった。

 今回、番組が取り上げたのは以下の3つのテーマだった。

・春一番って何?
・魚の絵はなんで左向きに描いちゃう?
・なんで三角形のサンドイッチが多いの?

キャンディーズが日本全体を誤解させた?

 チコちゃんの「春一番ってなに?」という質問に答えたのは西川だ。

チコちゃん「春一番ってどんな風?」

西川「暖かい風じゃないですか?」

チコちゃん「あなたが浴びるような?」

 このとき、BGMに流れたのはT.M.Revolutionの「WHITE BREATH」だった。

「最近、あまりT.M.Revolutionでは活動してないんです……」(西川)

 チコちゃんが発表した答えは、なんと「死を招く怖い風」。予想外の物騒な答えだが……。

 気象庁は春一番を「南寄りの8m/s以上の風」と定義している。そして、“春一番発祥の地”といわれる長崎県壱岐島の島民に春一番のイメージを質問すると「強い風、優しい風ではない」とネガティブな答えばかり返ってくる。

 実は江戸時代後期、安政の旧暦2月13日に出漁したほとんどの漁船が南からの突風に遭い、53名の漁民が亡くなっているらしい。当時の記録によると、集落に70軒ほどあった家の半数以上が大黒柱の男手を失ったそうだ。以来、この地では春先に吹く南寄りの強風を「春一番」の名称に定めた。確かに、当時の漁船は小さかっただろうし、春一番クラスの突風にはひとたまりもなかったはず。男手を奪う、まさに「死を招く怖い風」だったのだ。

 そんな春一番が陽気なイメージになったのは、1976年にシングルリリースされたキャンディーズの「春一番」である。この曲を作詞、作曲した音楽家・穂口雄右氏に番組は話を聞きに行った。

「春一番が吹くとその後に春が来る。その春がとっても待ち遠しい。そういうイメージで歌詞を書いたんですね。で、その後にそうじゃないという話(春一番は怖い風)というお話を伺って“間違っていたのかな”と思いつつ、誰も異論が出ていない。つまり、日本の全体、関係者も含めて異論はなかったというのが私の結論です」(穂口氏)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング