中居正広と新しい地図の3人、段階を踏んで「大舞台でのコラボ」へ前進か

日刊サイゾー / 2020年7月21日 6時0分

写真

 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾のプロジェクト「新しい地図」と日本財団が共同で設立した「LOVE POCKET FUND」が17日、公式サイトで、これまで寄付を受けた人々の氏名を公表し、中居正広も寄付していたことが明らかになった。

 同基金は、新型コロナウイルス対策などを目的に、4月27日に設立。これまでに、「全国こども食堂支援センターむすびえ」や「公益財団法人 全国里親会」への援助、医療従事者たちの移動支援などを次々に実施してきた。

 サイトでは、「今回、当プロジェクト発足から6月15日までにご寄付いただいた皆さまを以下掲載させて頂きます」とし、掲載に同意があった企業名や個人名を掲載。その中に中居の名前も掲載されている。

「あえて掲載しなくてもいいはずなのに、この段階での掲載。2016年12月31日にSMAP解散後、ジャニーズを抜けた4人が同じ事業やプロジェクトで足並みをそろえたのは今回が初めて。今後、4人での新たな展開があることは容易に推測できる」(テレビ局関係者)

「新しい地図」の3人は解散翌年の17年9月にジャニーズから独立。そして、中居は今年3月いっぱいでの独立となったが、ジャニーズ時代にオファーを受けていたテレビ・ラジオのレギュラー番組はそのまま継続。「新しい地図」の3人とは違った独立の形となった。

「当初は3人への合流もあると見られていたが、中居はジャニーズへも不義理にあたらない形での独立。しかし、『新しい地図』の3人と仕事をすることにも制約はない。段階を踏んで、いずれは、来年、東京パラ五輪が開催された場合、すでに『国際パラリンピック委員会特別親善大使』をつとめる新しい地図の3人に追加され大役をつとめるのではとみられている」(芸能記者)

 いずれにせよ、4人をめぐって大きな動きがありそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング