『有吉の壁』巧みな戦略から生まれた怪物! トム・ブラウン「アナグラム研究所」の凄まじさ

日刊サイゾー / 2020年8月28日 12時0分

写真

 テレビ界の常識をブチ壊すネタが『有吉の壁』(日本テレビ系)から登場。マネのできない唯一無二の芸に、各方面から絶賛の声が寄せられている。

 ゴールデンタイムに久々に登場したお笑い番組『有吉の壁』に“怪物”が現れた。そのネタは、お笑いコンビ「トム・ブラウン」が披露した「アナグラム研究所」。「アナグラム」とは、「わたし→たわし」といった具合に、言葉を入れ替えて別の単語を作る言葉遊びのことだが、披露されるや否や、旋風を巻き起こしたのだ。

「アナグラム研究所が初めて披露されたのは8月12日の放送です。当日は『げいじゅつは ばくはつだ』『ちょっまてよ』『にっぽん ちゃちゃちゃ にっぽん ちゃちゃちゃ』といったフレーズを入れ替えて、別の文章を作りましたが、その完成度に司会の有吉弘行も『恐ろしいネタだ』『ヤバいね』と大絶賛。さらに超早業でCMにも採用され、これも19日から放送されています」(テレビ情報誌記者)

 お笑い芸人のネタが流行語になるには、ある程度の時間を必要とするが、放送から数日、わずか1回のネタ見せでCMにまで採用されるのは、恐らくテレビ史上初。26日の放送でも「アナグラム研究所」は披露され、再び爆笑をかっさらったが、この背景にはトム・ブラウンのネタの力もさることながら、『有吉の壁』の巧みな戦略がある。

「『有吉の壁』がゴールデンに昇格して数カ月たちますが、『アナグラム研究所』を生んだ『ブレイク芸人選手権』は、深夜放送時代のコーナーを土台にしたものです。昨年一世風靡したチョコレートプラネットの『TT兄弟』も、ここから生まれたネタ。TT兄弟は元々、『エンタの神様(往年の人気お笑い番組)で一発屋になりそうな芸人』というお題で披露されたネタでしたが、完成度の高さを絶賛され、子どもを中心に大流行。CM化や企業コラボも実現するなど、大成功をおさめました」(キー局関係者)

 さらにキー局関係者は、このコーナーの「凄み」についてこう続ける。

「このコーナーのすごさは、最初から『一発屋になりそうなネタ』と謳っているだけに、スベったり、一瞬でネタが消費されたりしても、それはそれでアリというところ。

 もちろんウケるのがベストですが、スベったらスベったで、それがまたネタになるので、どちらに転んでもOK。だから芸人ものびのびといろんなネタに挑戦できているようです。豪華なゲストが出るわけでもない、ある意味で“純粋なお笑い番組”である『有吉の壁』をゴールデンに移すことに対して、局内には不安の声もありましたが、常時2ケタの視聴率を獲得しており、十分に合格点。チョコプラの『Mr.パーカーJr』やトム・ブラウンの『アナグラム研究所』など、流行ネタも次々と生まれており、有吉の評価は高まるばかりです」(キー局関係者)

 このヒットを受けて、他局がマネするのも時間の問題だろうが、よほど注意深くやらないと、“『有吉の壁』の壁”に跳ね返されることになりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング