夏目三久、『半沢直樹』最終回も出演なしで「クレジット特等席は熱演した俳優たちに失礼」の声

日刊サイゾー / 2020年9月29日 22時0分

写真

 ドラマは権力者を叩きのめして拍手喝采を浴びたものの、現実は権力者に忖度しまくり?

 9月27日に放送された堺雅人主演のドラマ『半沢直樹』(TBS系)最終回の平均視聴率が番組最高の32.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。ツイッターでは「半沢直樹」が世界トレンド1位となるほど、異次元の注目度となった。

 高視聴率に貢献したのは個性的な出演者たち。前作に比べて登場人物の「顔芸」もパワーアップし、江口のりこをはじめ、知名度や評価を大きく上げた役者も多い。

 逆に、「出演しなかった」ことで視聴者から嫌悪感を持たれることになったのが、夏目三久だという。ドラマライターが解説する。

「『半沢直樹』のクレジットで、夏目は毎回、画面中央下に単独で名前が表示される“特等席”でした。しかし、彼女は半沢(堺)の勤務する東京中央銀行グループのイメージキャラクターとして、テレビCMやポスターに写っているだけ。そのため、視聴者のほとんどはどこで出演していたのかわからないままでした。一部では、最終回で重要な役で登場するとか、実は半沢がファンで、銀行で彼女と遭遇するシーンが用意されている、といった『出演』の噂が飛び交っていました。

しかし、結局は何の見せ場もなかったため、ネット上では『半沢直樹で唯一許せないのは夏目三久のクレジット』『夏目三久のクレジット表示は、他の熱演を見せた俳優たちに失礼だと思う』『面白かったけど、夏目三久のクレジットが最後まで事務所のゴリ押しみたいに思えることが、唯一の残念ポイント』と非難の声が殺到することとなっています」

 まさに、イメージキャラクターのイメージだけが急落しているのは皮肉な話だ。

「夏目は、堺と同じ事務所に所属し、バーターというだけでなく、“芸能界のドン”と称されることもある同社社長のお気に入りでもあることから優遇されていたのでしょう。第7話では吉田羊と井川遥の間で表示されていましたが、やはりどう見ても不自然。芸能界の旧態依然としたところが如実に表れていたと感じ、視聴者は辟易としたようです」(同)

 ドラマの第3期が制作されるかは不明だが、夏目は次回もクレジットされるのだろうか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング