鷲見アナ、元彼の暴露した“不都合な真実”のおかげでようやく“素”に戻れそう?

日刊サイゾー / 2020年10月7日 18時0分

 3月いっぱいでテレビ東京を退社し、フリーとしての活動が軌道に乗っている鷲見玲奈アナだが、発売中の「フラッシュ」(光文社/10月20日号)で元彼氏から“不都合な真実”をまとめて暴露されてしまった。

 鷲見アナといえば、退社前の3月に出演したテレ東の番組でマッチングアプリを利用していたことを暴露し話題に。

 同誌によると、なんとその話の通り、14年11月、当時28歳だったイケメンの会社員と出会い、交際に発展していたという。

 当時、鷲見アナは入社2年目でブレイク中。そのため、彼氏にも上昇志向を隠さず、おじさんファンを獲得するため、男性の目線を意識して、視力がいいのにメガネをかけて出演。さらに、胸にパッドを入れるようになったというのだ。

「“巨乳アナ”と言われている鷲見アナだが、以前から“パッド狂疑惑”が浮上。入れれば入れるほど注目されるようになり、パッドが必須になったといううわさだったが、元彼が証言するなら間違いないだろう」(テレ東関係者)

 そのうち、鷲見アナは交友関係や服装が派手になり、とある男性のLINEやりとりを元カレが発見して大げんかに発展。それが原因で交際から1年で破局を迎えてしまったというのだ。

「文脈からして、ケンカの原因になったその男性は、不倫疑惑があった元男性アナウンサーのことでは? だとしたら、この男性と破局後、彼氏がいなかったのも不思議ではない」(同)

 女子アナとしての“不都合な真実”をまとめて暴露されてしまった鷲見アナだが、これでようやく“素”をさらけ出すことができそうだというのだ。

「上昇志向のおかげで、テレ東時代はキャラを作り上げていたのだろう。しかし、最近のマンガ誌のグラビアでは、胸元を強調していない服装を披露。きっと、今回の元カレによる暴露についても、トークのネタにしてくれそうだ」(テレビ局関係者)

 これでもう怖い物なしのはずだが……。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング