マツコ・デラックス「一番嫌いな女子アナ」はやっぱりテレビ朝日のあの人か?

日刊サイゾー / 2020年10月14日 7時0分

写真

 芸能界のご意見番が嫌う女子アナは、やっぱりあの人かもしれない。

 有吉弘行とマツコ・デラックスが、がっぷり四つでトークを繰り広げる『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)の9日放送回でのこと。有吉が唐突にマツコに謝る場面があった。

 いわく、山里亮太、田中みな実、そしてテレ朝アナウンサーの弘中綾香が出演する新番組『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)にゲストで呼ばれたという有吉。そこで“ひと悶着”あったという。

「『あざとくて~』の収録中、有吉の登場に怯えた弘中アナが『怖い、怖い』と連呼したため、有吉は『そんなこと言わないで』と言いつつ、『かりそめ天国のオフの時、お前の悪口言ってるけどな』と言ってしまったそうなんです。有吉は、悪口を言い合う相手としてマツコの名前を持ち出したことを謝ったのです」(テレビ情報誌記者)

 そんなことで腹を立てるほど度量は狭くなかったマツコ。弘中アナとの関係について、独特の表現を用いて説明した。

「マツコは笑いながら『別に嫌いなわけじゃない』『プロレスのできる女が出てきたから(イジった)』と言ったんですが、これには伏線があります。マツコと有吉はかつて『かりそめ天国』で、テレ朝のカレンダーを見ながらトークをした際、弘中のことを『勘違いしてんな』『顔作るの好きだね』と、ボロクソに言ったことがあったんです」(同上)

 毒舌を吐いて盛り上げる手法を「プロレス」と表現したマツコ。ただ、“悪口”の対象が確定したことで、マツコの過去の発言が気になってくる。

「マツコは一昨年、テレビ東京の番組で女子アナの話題になった際、『○○(テレビ局の名前)の女子アナはロリ』『気持ち悪い』と吐き捨て、ある女子アナを名指しして、『人の上に立とうとする』『スタッフに対してもすごいらしい』『今一番嫌いなアナウンサー』と酷評しました。局名も名前もピー音で消されていましたが、『田中みな実より嫌い』とも話したので、“天敵”の田中とは別の人物。批判した局は『テレ朝』で、女子アナは『弘中』と考えるのが妥当でしょう」(女性アナウンサーウォッチャー)

“嫌いなわけじゃない”と“一番嫌い”では大きな違いだが、果たして真相は……。ただ、発言をなるべく正確に解釈すれば、好きではないことだけは間違いないようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング