大人の事情で解散→再結成を繰り返すSPEED もはや事務所の救世主にもなれない?

日刊サイゾー / 2020年10月14日 19時0分

 1990年代後半に大人気だった女性4人組・SPEEDが、来年1月13日にデビュー25周年記念BOX『SPEED MUSIC BOX-ALL THE MEMORIES』(税別1万9,968円)を発売することを、一部スポーツ紙が報じた。

 SPEEDは、96年8月にシングル「Body&Soul」でデビュー。00年に解散するも、2度の再結成を経て08年に復活し、同年のNHK紅白歌合戦で9年ぶり4回目の出場を果たしたが、12年11月のアルバム『4 COLOS』のプロモーションを最後に、4人での活動を休止していた。

 今回のBOXは、全シングル、アルバム楽曲のオリジナル版を収めた全87曲入りのCD8枚組。収録曲を高音質のハイレゾ音源化したブルーレイ2枚、99年の千葉マリンスタジアム公演を初映像化したブルーレイ1枚を加え、秘蔵写真などで構成したビジュアルブックも封入。さらに、未発表曲「Affction」も収録しているという。

 「一度は解散したものの、所属事務所の“大人の事情”で再結成を繰り返していた。それでも、回数を重ねるごとにファン離れが進み、もはやセールスも思ったほど伸びていない。8年前に発売した『4 COLOS』でも、売り上げが2万枚ほどだった」(音楽業界関係者)

 メンバー4人のうち、島袋寛子はソロとして活動、16年の参院選で当選した今井絵理子は政治家に転身。上原多香子と新垣仁絵は結婚後にめだった芸能活動はしておらず、今回のBOXが発売されても、4人でステージに立つのは難しそうだ。

「所属事務所は、引退前の安室奈美恵が独立してから業績が悪化し続けている。そこで、強気の値段でSPEEDの売れるものをすべて詰め込んで売ることにしたようだが、もはや“救世主”となるほどのヒット作になるとは思えない。今後も周年のたびに同じことをしても、ファンがしらけるだけだろう」(芸能記者)

 もはやすっかり、過去のグループになってしまったようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング