菅野美穂のドラマ主演を支える? 堺雅人がドラマ『半沢直樹』終了後に仕事をセーブするワケ

日刊サイゾー / 2020年11月8日 23時0分

 約7年ぶりに復活したTBS系連続ドラマ『半沢直樹』は、全10話の平均視聴率が24.7%、9月27日に放送された最終回に至っては平均視聴率32.7%(ともにビデオリサーチ調べ、関東地区)という驚異的な数字を記録し、放送前の予想を超える人気とブームを巻き起こして大団円を迎えた。

 そこで注目が集まっているのが、主演・堺雅人の今後の動向という。

「大ヒットドラマ『半沢直樹』の終了以降、堺さんは兼ねてからファンを公言していたお笑いトリオ『東京03』とラジオ番組で共演したくらいで、特に目立った仕事のスケジュールが発表されていないんですよ」(テレビ誌編集者)

 堺といえば、16年にNHK大河ドラマ『真田丸』の主演を務めた後は、いくつかの映画やCMには出演していたものの、今作の『半沢直樹』の復活まで露出を減らし、仕事をセーブ気味だったことから“育休説”が取り沙汰された。

「堺さんは13年の春に菅野美穂さんと結婚。その後、15年8月に第1子となる男児が、18年12月に第2子となる女児が誕生していることもあり、大河主演後は仕事をセーブして家事や育児をサポートしているのではともっぱらでした」(同テレビ誌編集者)

 そんな中、来年1月からは菅野の4年ぶりとなる主演ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)がスタートする。

「2児の母である菅野さんのドラマ主演が決まった背景には当然、夫の堺さんの後押しがあってこそ。実際、今月にもスタートする予定の菅野さんのドラマの撮影期間、堺さんに目立った仕事がないところを見ると、以前と同様に大きな仕事が終わった後の“育休モード”に入ったのでしょう」(大手芸能事務所マネジャー)

 映画やドラマで堺の活躍を見るのはしばらく、お預けになりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング