元ジャニーズ薬丸、先輩マッチ不倫には「何様節」出ず…「身内は擁護」で視聴者から不満続出

日刊サイゾー / 2020年11月19日 19時0分

 19日放送のフジテレビ『バイキング』に薬丸裕英が出演。ジャニーズ事務所に所属していた頃の先輩、近藤真彦の不倫報道にコメントした。

 この日の放送では、今日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた近藤の自粛活動直前の行動を中心に特集。

 ネット上では「薬丸の発言楽しみ」「薬丸裕英、近藤真彦批判できるかな?」など薬丸の発言に期待が寄せられていた。

 MCの坂上忍が「マッチさんが一個先輩?」と薬丸にコメントを求めると薬丸は「僕は芸能界の一番初めのお仕事は、マッチのCMのバックで一緒に立たせていただいた」と回想し「唯一食事に連れて行ってもらった先輩ですね」としんみり思い出を語った。

 坂上が「じゃあもう可愛がって頂いて」と返すと「マッチしか食事に連れて行ってもらったことが無かったので、今回の報道を受けてショックと残念な気持ちでいっぱいですね」と薬丸は心境を話した。

 その後も近藤の詳しい不倫内容などが紹介されたのだが、やはりお世話になった先輩だからか薬丸から近藤を批判するコメントは聞くことはできなかった。

 それどころか詳細な内容に「これは本当なのかなって思っちゃうけど。ちょっと立場やばくなると何とでも書けるじゃないですか」と記事の真偽を疑った。

ネット上の視聴者も「やっぱり近藤真彦には厳しいこと言えないか」「得意の何様って言えよ」「身内は擁護か」といつも厳しい意見を言う薬丸に物足りない様子だった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング