アンジュルム・上國料萌衣「女子ウケNo.1アイドル」としてブレイク寸前? 芸能人ファンが後方支援

日刊サイゾー / 2020年11月23日 8時0分

写真

 山里亮太、田中みな実、弘中綾香の3人がMCを務めるテレビ朝日系『あざとくて何が悪いの?』(土曜夜9時55分)では、毎週“あざとい”エピソードを紹介し、ゲストともにトークを展開する。

 11月14日放送回では、カラオケで披露される“あざとい曲”についてトークする、「あなたはどっちがお好き?あざとカラオケソング」という新コーナーがスタート。そこで再現VTRに登場したアイドルグループ・アンジュルムの上國料萌衣が話題だ。

 上國料萌衣はVTRでYUI『CHE.R.RY』と松浦亜弥『LOVE涙色』を披露。そのあざとい姿にゲストのSexyZone中島健人を含めたスタジオのメンバーが悶絶する展開となった。

「上國料さんはSNSでも大好評でしたね。ここ最近、さまざまなファッション誌などにも取り上げられ、女性支持率の高いアイドルという形で注目度が高まっています」(音楽業界関係者)

 “かみこ”というニックネームで親しまれる上國料は、熊本県出身の21歳。2015年にアンジュルムに加入し、エキゾチックな顔立ちと透き通るような歌声で人気メンバーとなった。最近はモデルとのしての活動も多い。

「業界内では2021年に“女子ウケアイドル”としてブレイクするのは上國料萌衣だと囁かれていますよ。アンジュルムが所属するハロー!プロジェクトは女性ファンがものすごく多くて、芸能界にもハロプロ信奉者がたくさんいますしね」(同)

『あざとくて何が悪い?』MCの弘中綾香もハロプロファンの1人。さらに、山里亮太については、妻である蒼井優が熱狂的なアンジュルムファンである。

「山里さんは蒼井優からのハロプロ英才教育を受けているということもあり、最近は自身の番組にハロプロメンバーが出演する機会も増えている。今回の上國料さんの出演についても、蒼井優さんの“後方支援”があったのかもしれません」(メディア関係者)

 そのほかにも、新木優子、松岡茉優、伊藤沙莉、指原莉乃、清原果耶、小川紗良など、ハロプロを愛する女性芸能人は多い。

「蒼井優さんは、自身が編集長になりアンジュルムのムック本を作ったし、新木さんもファッション誌でモーニング娘。のスタイリングをしたこともある。松岡さんも自分の主演ドラマのなかで、モーニング娘。のライブに登場している。みなさんハロプロ愛を仕事にフィードバックさせているんですよね。いい意味で芸能人ファンたちが“ハロプロマウンティング”をしているような状況があり、結果的にハロプロメンバーの人気を高めているんです。

 今回の『あざとくて何が悪い?』の上國料さんについても、裏で暗躍したであろう山里夫妻や弘中さんの思惑が見え隠れします。そういう意味でも、たくさんの人気者に支えられた上國料さんが、これからさらに知名度を上げていくのは間違いなさそう。2021年のブレイクはかなり期待できると思います」(同)

 超強力な支援者を得た上國料萌衣が、より一層さまざまなメディアで活躍するようになる日は近いだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング