AKB48・指原莉乃 文春の"衝撃スクープ"余波と「ファンの脅迫に怯える」元カレの人物像とは

日刊サイゾー / 2012年6月21日 8時0分

写真

「その人とお友達だったことは本当です」

 AKB48の指原莉乃が、15日深夜のラジオ番組で自身のスキャンダルについて謝罪した。「週刊文春」(文藝春秋)で、指原と3~4年前に肉体関係にあったというAKB48ファンの男性の告白記事が写真やメールとともに掲載されたことで、総合プロデューサーの秋元康氏は翌日からのHKT48移籍という厳命を下す事態にまで発展した。

 この前田敦子の卒業以上にショッキングな展開には、一部の熱狂的ファンが激怒。先のグループ内人気投票"総選挙"では4位に急上昇している指原だけに、投票者たちは黙っていなかった。

「とりあえず明日は本屋回って文春を全部裏返ししてくる」

「広告主に別媒体のネット広告に切り替えるように、会社間のやり取りにあらゆる手段を使って働きかける」

 ネット上では文春に対する逆恨みの声が噴出したが、同時に巻き起こったのが、指原の"元カレ"への反撃だった。この男性の素性や写真を特定する事態に発展、ネット上には襲撃予告まで見受けられる。

 記事によると男性は、熱心な指原ファンだったことからSNSサイトを通じて指原からメールが来るようになり、恋愛関係に発展。指原の自宅でのデートでは、彼女のほうから「もっとこっち来なよ」などと迫られ、押し倒してキスしたことや、「お互い経験もないしエッチまで4ヶ月かかりました」(記事より)と初体験告白までしている。2009年秋、別れを告げた際に「エッチだってしたのにふざけんなよ!」と返ってきた指原のメールも公開。

 "指ヲタ"と呼ばれる指原ファンが嫉妬するのは無理もない内容だが、その反撃がエスカレート。元カレ男性と親しくしているAKB48ファンによると「携帯電話に"殺してやる"と脅迫電話が入ったり、指原さんのピンナップを高々と掲げながら自宅前に立つ不審な男が現れたそうです。生活に支障があるので、彼はいま別の場所に避難中」だという。

 しかし、脳科学者の茂木健一郎氏が「週刊誌に情報提供した『元カレ』の男は、人間として最低のクズだな」と煽るなど、元カレへの圧力は強まる一方だ。ネットには「指原の元彼はしばらく国外逃亡したほうがいい」という掲示板まで立てられたが、「ちんぽぶった切ってボイルして野良犬にくわしてやりたい」という物騒な投稿も見受けられる。

 前出ファンは「実は指原さんとの写真はもっとスゴいものが提供されたそうです。ただ、文春の編集者は"指原さんが未成年(19歳)なので、さすがにそれは出せない"と過激な写真は全部ボツにしたとか。万一、そういうものが流出したら、指原さんよりカレの身が危ないので心配」と話している。

 人気商売のタレントである以上、プライベートのゴシップが表になることはある程度仕方ないこと。冷静なファンからは「軽率な行動をした指原にも問題があるのでは?」という声も出ているが、この騒動、果たしてどんな収束を迎えるだろうか。
(文=鈴木雅久)


【関連記事】

「努力は本当に報われる」最年長研究生・松村香織が涙 AKB48総選挙徹底分析!!(後編)

「総選挙は切磋琢磨し、向上するための目盛り」世代交代の兆しが見えたAKB48総選挙徹底分析!!(前編)

総選挙注目の指原莉乃へガチヲタが緊急寄稿「批判を受け入れる指原莉乃の"察しの美学"」

AKB48最高身長・鈴木紫帆里ヒストリー 一度あきらめたAKB48に彼女が復帰を遂げた理由

2011年公演最多出演のAKB48研究生・伊豆田莉奈ヒストリー 笑顔の裏に隠された12ポジションの苦悩

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング