「恋愛禁止ルール緩和へ?」"おニャン子の夫"秋元康がGoogle+でAKB48恋愛タブーに切り込む

日刊サイゾー / 2012年1月24日 8時0分

写真

 プリクラ流出などで過去の恋愛が発覚したAKB48メンバーは少なくない。そのため、彼女たちに対するファンからの恋愛ネタの言及はタブーとなっている。そんな中、過去にスキャンダルのあったメンバーにプロデューサー秋元康が自ら切り込み、話題を呼んでいる。

 AKB48メンバーの多くはSNSサイト「Google+」のアカウントを所有し、日々、ファンに公開する形でコメントのやり取りをしている。メンバーのみならず秋元康もほぼ毎日のように顔を出し、メンバーとの掛け合いをなごやかに繰り広げている。1月15日、このサイトで秋元氏が、彼氏とのプリクラが流出した経験のあるメンバー・松井咲子に向けて「今まで、どんな恋愛をして来たんですか?」と無茶振りを仕掛けたのだ。

 このコメントによって、ファンの間には一気に緊張が走り、松井がどのような返信をするのかに注目が集まった。秋元氏のコメントから30分後、松井は「完全に黒歴史です、本当にありがとうございました」とのコメントと共に、件のプリクラを連想させるイラストを投下した。

 松井の対応にネット上のファンは「この潔さはすがすがしい」「ネタにできるぐらい強くなったんだね、感慨深い」、秋元氏も「さすが、見事な返し」と絶賛。しかし秋元氏はその後、松井の恋愛スキャンダルを知らなかったとした上で「デリカシーに欠けた質問」だったと釈明した。

「秋元氏がスキャンダルを知らずに発言したというのは考えにくいです。Google+上でネタとして消化してしまうことで、過去の恋愛については処分しないということを、ファンに対して暗に示したかったのではないでしょうか。恋愛禁止のルールを緩くするための布石ではないかという見方もあります」(芸能雑誌関係者)

 "黒歴史"と自らの恋愛を称したメンバーに対して「歴史に白黒つけるのは、100年後」との名言でこの騒動を収めた秋元康。彼はその後AKB48ファンから、ある意味で黒歴史である、妻の高井麻巳子との馴れ初めを質問された。自身がプロデュースしていたおニャン子クラブのメンバーと結婚し、当時大きな話題を呼んだこの件について、彼は「奥さんは元気ですよ。普通の主婦をやっています」と言及するに留まった。前述の名言は、過去に起こした自らの恋愛スキャンダルに対して言い聞かせていたのかもしれない。
(文=佐々木智花)


※画像は「松井咲子 AKB48トレーディング コレクション ノーマルカード」



【関連記事】

「明らかに働きすぎ」柏木由紀ダウンで握手会中止 問われる"AKB商法"の臨界点

「復帰即キャプテンって......」AKB48大場美奈の早期復帰で形骸化する「恋愛禁止」ルール

「前田のソロがやばすぎた」AKB48が重大岐路に!「口パク→生歌」に路線変更の衝撃度

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング