「エイベックスの"救世主"となるか?」浮上した東方神起の再結成プロジェクト

日刊サイゾー / 2012年1月25日 8時0分

写真

 新年早々、浜崎あゆみの離婚発表で大揺れのエイベックスに、いよいよ東方神起の再結成プロジェクトが持ち上がっているという。

「エイベックスは元旦に浜崎のデビュー以来のPVや特典映像を詰め込んだDVD-BOXを発売。"離婚"という話題性抜群のカードをこの段階で切ったのも、エイベックスと浜崎が勝負に出ていると見ていいでしょうね」(音楽関係者)

 また、浜崎と並ぶエイベックスのエース・EXILEもアルバムと同時とセットでPV集を発売したが、もはやこれまで通りのセールスではままならなくなったようだ。

「長引く音楽不況に加え、楽曲だけでは売れない時代になった。そこで、エイベックスは、これまではあくまでもアルバムの初回限定盤などのおまけとして付けてきたPVを大々的に売り出す戦略に転換。ただ、浜崎はマネージメントも自社だからいいが、EXILEや安室奈美恵らの"ドル箱"的なアーティストは他社のマネージメントなので、あまり実入りがない」(同)

 他社のマネージメントといえば、エイベックスは韓国の「SMエンターテインメント」に所属している東方神起の日本の窓口として大々的にプロモーションを行い、東方神起は同社の看板アーティストに成長。ただ、SMとの契約をめぐって、もともと5人いたメンバーのうち3人が袂を分かち、JYJとして活動しているが、ここに来て5人の再結成プロジェクトが浮上しているというのだ。

「現在の東方神起はユンホとチャンミンの2人だが、日本での一番人気はJYJのジェジュン。当初、エイベックスはJYJとマネージメント契約していたものの、背後に"黒い過去"を持つ人物がいたとの疑惑から、契約を打ち切った。そのため、JYJは日本での活動がままならず、昨年、東日本大震災復興チャリティーコンサートの開催をめぐって法廷闘争。さらに、年末は架空の震災チャリティーパーティー開催騒動に巻き込まれるなどトラブル続き。韓国国内ではSMの圧力である程度出演できる番組が限られているが、集客力は絶大。そこで、JYJの周辺トラブル解決を前提に、東京ドームなどの大会場で5人の再結成ライブを行うプロジェクトが浮上。実現すれば、『売れる』ものがなくなっているエイベックスの"救世主"となりそうだ。ただ、JYJの"黒い交際"のうわさは絶えず、なかなか先に進まないようだが」(週刊誌記者)

 そして、このプロジェクトにひと役買っているのが浜崎だという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング