「財産分与しない」の誓約書も? 浜崎あゆみの"離婚プロモーション"は大失敗

日刊サイゾー / 2012年1月25日 8時0分

写真

 昨年元旦にオーストリア出身の俳優マニュエル・シュワルツと結婚した"歌姫"浜崎あゆみが案の定、1年ほどで"スピード離婚"したのは既報の通り。離婚原因についてあゆは、当初2人でアメリカで暮らす予定が、昨年3月に東日本大震災が発生。凄惨な現場を目の当たりにし「日本を離れたくない」という気持ちが芽生え、ロスにいる夫とは疎遠になり、それが「気が付けば心の距離へと変わってしまった」と説明した。

 とはいえ、そもそも2人は"エア夫婦"と呼ばれるほど結婚生活は実態のないものだった。

「ラスベガスでドライブスルー感覚で挙式し、婚姻関係は結んだものの、日本の役所には手続きが面倒で届出はせず。戸籍上は"バツイチ"にもなりません。将来的な離婚を見越していたのか、挙式前に『離婚しても財産分与はしない』『慰謝料も発生しない』という誓約書も作っていたそうです」(音楽関係者)

 思えば、一昨年大みそかのNHK『紅白歌合戦』でも、翌日の結婚発表を前にあゆは純白のウエディングドレス姿で"結婚ソング"を熱唱。あまりの用意周到ぶりに業界関係者は「新曲のためのプロモーションでは?」と勘繰った。

 今回の離婚に関しても、ここ数年ヒット曲がないだけに「話題作りの一環ではないかとウワサされています。彼女はセルフプロモーションの天才。過去には交際中のTOKIO長瀬智也と堂々"手つなぎ帰国"したこともある。あの時もマスコミにツーショット帰国を知らせたのはあゆ側の関係者でしたからね」(別の音楽関係者)という。

 だが、仮に"離婚プロモーション"だとしたら、今回は大失敗に終わったといっていい。ネット上では離婚原因を「震災」にもとめたことに非難が殺到。さらに現在あゆが仕事で中東に滞在中とあって「日本を離れたくないんじゃないのかよ!」「いきなり海外逃亡かよ!」とバッシングが巻き起こっている。さすがのあゆも"神通力"が通じなくなったか......。


【関連記事】

「"震災離婚"コメントに批判も......」浜崎あゆみ、結局"元サヤ"エイベックスに収まる!?

「驚かない」が87%......浜崎あゆみの電撃離婚にネットユーザーは冷静な反応

「JYJの兄と......」浜崎あゆみ 原宿ショッピングで深まるエイベックスとの溝



日刊サイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング