「事務所はCMを入れたいけれど......」オファー殺到中の満島ひかり 仕事選びの基準とは

日刊サイゾー / 2012年7月26日 8時0分

写真

 今、最もスケジュールを押さえにくい女優は誰かご存じだろうか? 宮崎あおいでも蒼井優でも堀北真希でもなく、満島ひかりだという。

「彼女のもとには、常に7~8本のオファーが来ていると聞いています。本人がそれらすべてに目を通して、やるやらないを決めているそうです。連ドラだからとか、映画だから、というのはまったく関係なく、本人が面白いと思うかどうかが判断基準なんだそうです。事務所的には、連ドラをやって知名度をもっと上げて、CMを取ってきてもらいたいみたいですけどね。あまり大きな事務所じゃないだけに、CMの仕事があれば事務所は助かりますから」(芸能事務所関係者)

 月9にも出演し、ドラマ『モテキ』(テレビ東京系)や映画『悪人』などの話題作にも出演するなど、女優としてのキャリアを着実に重ねていっている満島。それだけに、もっと大作に出演してもよさそうなのだが......。

「現在、彼女が優先して選んでいるのが、舞台だそうです。本人はとにかく、"演技力"を磨きたいみたいですよ。聞いたところによると、『Folder5』以降の下積み時代に、話題作に出てはすぐに消えていく人たちを見て、ちゃんと実力をつけないといけないと思ったそうです。また、その頃に出会ったある俳優との共演が、今の彼女のスタンスに大きな影響を与えているようですよ」(舞台関係者)

 その俳優というのが、森山未來だという。

「彼もさまざまな話題作に出演して賞なども取っていますが、すべて台本を読んでから出演するかどうかを決めているそうです。監督とも演技についてとことん話し合いますしね。何より、彼のバックボーンには舞台がありますから、その影響を受けているんでしょうね」(同)

 今後、女優としてどんな活躍ぶりを見せてくれるのか、ますます満島から目が離せない。

※画像は「キネマ旬報 」2010年 5/1号(キネマ旬報社)


【関連記事】

「これからは舞台中心にやっていく!?」熱愛報道の蒼井優"共演者食い"が止まらない!

「タバコをくゆらせ、スタッフに怒鳴り散らし」裏の顔はなかなか激しい!? 蒼井優、現場の評判

園子温『愛のむきだし』で満島ひかりが"むきだし状態"に!

アナーキーな"社歌"で生産性アップ! 満島ひかり大進撃『川の底からこんにちは』

「ネタがなければ他誌のスクープを焼き直せ」芸能マスコミの仁義なきスキャンダル戦線

日刊サイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング