「問題はその性格......?」一時期は超売れっ子だった保阪尚希に仕事がない!

日刊サイゾー / 2012年9月28日 8時0分

写真

 一世を風靡した俳優のひとり、保阪尚希が、仕事がなくて苦しんでいるという。

「先日、あるバラエティ番組の収録で、『今、仕事がなくて困っている』という発言をしていましたが、実際、俳優としてのオファーはなく、バラエティもほとんどないようです。現在の主な収入源は『保阪流』というキッチン器具の売り上げのようですが、全盛期と比べたら雲泥の差だそうです」(芸能事務所関係者)

 そういった事情であれば、週刊誌や告白系のバラエティ番組が彼にオファーを出してもおかしくはなさそうだが......。

「確かに、彼は高岡早紀さんとの一連の離婚騒動の真相など、読者や視聴者が気になるような過去をたくさん持っています。ただ、どこもそういったオファーをしていないのには、理由があるそうです」(週刊誌記者)

 その"理由"というのが、彼の性格にあるという。

「実際、週刊誌の記者が彼に直接インタビューを申し込もうと自宅まで行ったのですが、彼は一言も発せず、名刺だけを受け取って家の中に入ってしまったそうです。しかも、なぜかビデオカメラを回しながらだったそうで、他誌の記者によると『警察に言われてるから』とか話しているそうです。そういった話がちょくちょくあるので、あまり彼とは関わりたくないと思っている媒体が多いとは聞きましたね」(写真誌カメラマン)

 保阪の自業自得といったところだろうか?

※画像は『理由(わけ)』(マガジンハウス)



【関連記事】

AV出演がウワサされる高岡早紀 金欠の裏にあった恩師の死と元夫・保阪尚希の影

当局も重大関心! 内縁の夫に1億円を持ち逃げされた高岡早紀は悲劇のヒロインか否か

「夢はカリスマ主婦!?」離婚直後の"高岡早紀の妹"が決意のグラビア

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング