「サンミュージックに連絡なし......」覚せい剤事件から復帰間近の酒井法子を取り巻く日中謎人脈

日刊サイゾー / 2012年7月29日 8時0分

写真

 執行猶予明けの今年11月に芸能界復帰が予定されている、元女優の酒井法子。ところが、酒井の後見人で復帰の鍵を握っていた建設会社の富永保雄会長が5月中旬に亡くなって以降、復帰をサポートしてきた古巣のサンミュージックに酒井から連絡がないことが明らかになり、同プロとは関係がないところで復帰の準備が進められているのではないかと不安視されている。

 酒井は2009年に覚せい剤取締法違反(所持・使用)で逮捕後、所属のサンミュージックを解雇された。代わってマスコミの窓口になったのが、酒井の継母と親しい関係にあって、酒井の逃亡を助けた富永会長だった。

 酒井はサンミュージックを解雇されたのち、継母が代表を務める個人事務所「エヌ・コーポレーション」に所属する形を取り、富永会長とサンミュージックが共同で復帰の準備を進めているとされていた。だが、実際に復帰についてのオファーが来るのは、富永会長に対してだったという。出版社からのヘアヌード写真集や過激なSM映画『花と蛇』シリーズへの出演要請などの"エロオファー"も数多く、それらはさすがに富永会長が断っていたという。

 そんな中で、行方が気になるのは、すでに当コラムで報じた(※記事参照
)が、昨年4月に酒井が中国の"禁毒大使"に選ばれた時に、日本の代理人を務めた芸能プロのK氏が持ち込んだという映画の話だ。その作品とは、ジャッキー・チェンが総指揮を務めるという、チンギス・ハーンの半生を描いた日中合作映画のこと。だが、この話については、サンミュージックを通したという話は聞かないし、富永会長の元にも話は行っていなかったようだ。

 一方で、酒井の代理人を務めたK氏は、親しい芸能関係者に「酒井は俺の事務所に移籍した」と吹聴していたという情報もあった。もし、内密裏に日中合作映画の話が進められて、酒井が中国で復帰するとしたら、日本のファンには歓迎されないだろう。

 サンミュージックは酒井の事件で莫大な損害賠償を肩代わりしただけではなく、酒井というドル箱を失って、一時は経営が危ぶまれたが、ベッキーをはじめとした所属タレントの頑張りでしのいだ。最近では、スギちゃん人気で経営状況は回復。焦らず、酒井の復帰をじっくりとサポートできる状態にある。それだけに、酒井には復帰を焦るあまり、仁義や恩義を無視した暴走はしないでほしい。酒井の動向が気にかかる。
(文=本多圭)


【関連記事】

円満離婚じゃなかった! "のりピー弟逮捕"で明らかになった高相家との温度差

「廃校なら世間の理解得られる!?」在籍大学の危機で酒井法子の復帰に"追い風"

松嶋菜々子『家政婦のミタ』絶好調! 切り捨てられた"親友"酒井法子は何思う

「計画がメチャクチャに......」執行猶予中の酒井法子 暗礁に乗り上げた復帰プラン

酒井法子 中国"禁毒大使"抜てきに「サザンを休止に追い込んだ」闇人物の影

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング