「今にも殴り掛かりそうだった!?」SHELLYが大政絢の天然ボケにブチ切れて......

日刊サイゾー / 2012年5月30日 8時0分

写真

 芸能界には"犬猿の仲"といわれる芸能人がいるが、キャスティングで頭を悩ますスタッフは多い。

「有名なところではダウンタウンと爆笑問題、女優でいうと、沢尻エリカと長澤まさみ、新垣結衣と戸田恵梨香など、毎日のように新しい"犬猿の仲"が出てきています。キャスティング担当はそういった情報をいろいろなところから集めているんですが、かなり気を使っていますよ」(テレビ局関係者)

 そんな芸能界"犬猿の仲"に最近、仲間入りした2人がいるという。

「SHELLYさんと大政絢さんです。タレントと女優、一見すると接点がなさそうな2人ですが、実は同じスターダスト所属なんです。普段、顔を合わせることがない2人が、なぜ"犬猿の仲"なのか不思議なのですが......」(広告代理店関係者)

 その事情を知るある芸能関係者は、次のように明かす。

「ある場所でたまたま2人が一緒になったときに、SHELLYさんが大政さんの"天然ボケ"にイラッとして『なんなの、あの子?』となったみたいですよ。同じ場所にいた人によると、SHELLYさんは今にも殴り掛かりそうになるくらいだったと言っていましたから、事務所では『あの2人を近づけるな!』とお達しが出たそうです」

 大政と共演した人はたいてい「あの子は天然ボケ」と評しているだけに、竹を割ったような性格のSHELLYと合うわけもないのだが、殴る寸前までいくというのも穏やかではない。

「SHELLYさんは、ブレイク前に中古車解体業者で働いていた経験がある"ガテン系"なんです。男世界で働いていた彼女にとって、いわゆる"天然キャラ"の大政さんは生理的に合わなかったんでしょうね」(同)

 今後、この2人が共演することがあれば要チェックだ。

※画像はSHELLY公式ブログより


日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング