キムタク政権強し! 2011年ジャニタレ出演ドラマの視聴率ランキング

サイゾーウーマン / 2012年1月3日 8時0分

 連ドラの視聴率低下が嘆かれる中、子役ブームを巻き起こした『マルモのおきて』(フジテレビ系)や、平均視聴率26.1%の成績を残した『JIN-仁-』(TBS系)、最終話で40.0%の高視聴率を叩き出した『家政婦のミタ』(日本テレビ系)など、伝説的な作品が次々と生まれた2011年。ジャニーズを愛し、注目し続けてきたサイゾーウーマンとしては、ジャニタレが出ていないドラマばかりが高く評価される結果に寂しさを感じないでもないが、例年以上にジャニタレ出演ドラマが豊富で話題作が多かったのも2011年の特徴。そこで今回も、ジャニタレ出演ドラマを平均視聴率ランキングで振り返ってみたいと思う。

(画像はこちら)

 
 世間からは「期待外れ」のレッテルを貼られてしまったものの、ジャニタレ出演ドラマ中では堂々1位に輝き、先輩としての意地を見せつけたのが木村拓哉主演『南極大陸』(TBS系)。表現の甘さやキムタクばかりを持ち上げる演出に非難の声が集まったが、悪い声ばかりではない。

「20 億円の製作費をかけただけあって、キャストや映像の美しさは映画並みに秀逸。キムタク本人の演技は悪くなかったし、伝わってくるものはあった。今後は脇役でもいいから彼の演技を際立たせる作品に出会えれば、実力派俳優としてワンランクアップできるかも」(ドラマウォッチャー)

 "数字がとれる男"としての株が徐々に下落し、地味ながらも良作に出会うことができたとき、彼の俳優としての真価が試されるのかもしれない。

 続く2位は大ヒットミステリーを原作にした櫻井翔主演作『謎解きはディナーのあとで』(フジテレビ系)。原作を愛する視聴者からは「1話で挫折した」「キャストのイメージが違いすぎる」という声も聞かれたが、北川景子演じる"お嬢様"と櫻井演じる"毒舌執事"の絶妙なかけあいが程々にコミカルで、1話完結というライトな展開も功を奏したのか安定した視聴率をキープ。原作もシリーズ化していることから、続編や映画化を望む声もあり、今後の展開が期待できそうだ。

 そんな「謎ディ」にわずか視聴率0.3%差まで迫り、3 位となったのが伝説アニメの実写化である亀梨和也主演『妖怪人間ベム』(日本テレビ系)。これまでヒット作に恵まれず"低視聴率王子"と称されてきた亀梨だけに、スタート前は「妖怪役をするまでに堕ちたか」と嘲笑されていたが、フタをあければリアルな妖怪姿と奥深いストーリーに「丁寧に作られたいい作品だった」「ハマった」「原作を超えた」と、高い評価が集まる予想外の結果に。妖怪人間の哀愁を繊細に演じきった彼の演技力を讃える声も多く、今後は"影のある役"が舞い込みそうな予感? また、4位は草なぎ剛と今井美樹による純愛ドラマ『冬のサクラ』(TBS系)。純情な青年が10歳年上の人妻に恋心を抱くという大人向けの内容であり、チェ・ジウやクォン・サンウがゲストとして登場したことも話題となったが、
「中盤からは今井の夫役を演じた高嶋弟の"極悪っぷり"がすご過ぎて、主役ふたりの存在感が薄れてしまう感じに......。9位の香取慎吾主演『幸せになろうよ』(TBS系)や昨年のキムタク主演月9『月の恋人~Moon Lovers~』(フジテレビ系)など、正統派な恋愛ドラマに挑むことの多いSMAPメンバーですが、年齢的にもイメージ的にもそろそろ限界なのかも?」(同)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング