1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

逮捕、放尿、犬のトラブルまで! セレブは飛行機内でもお騒がせ

サイゾーウーマン / 2012年2月5日 12時0分

写真

 映画やドラマ、アルバムのプロモーションのほか、ロケやコンサートなどで世界中を飛び回るセレブたち。移動中の機内で休息を取る者が多いため、飛行機内での彼らの様子が世に出回ることは稀である。しかし、最近、機内でトラブルを起こすセレブが増えておりニュースとして報じられることもしばしば。昨年はジャスティン・ビーバーが、カンタス航空の乗務員に無礼な態度をとったことが、他の乗客によりTwitterで暴露され大きな話題となった。しかし、ジャスティンの一件はまだかわいいもの。中には、とんでもない問題を起こしたセレブもいるのである。

 今回は、飛行機でとんでもないトラブルを起こしたセレブを紹介したい。

■第5位 ホイットニー・ヒューストン(48歳)

 2000年にハワイの空港で大麻を所持していたため拘束されたことがあるホイットニーは、機内でもトラブルを起こしたことがある。問題を起こしたのは昨年10月12日、アトランタ発デトロイト行きのデルタ航空のフライト。CA(客室乗務員)から「もうすぐ離陸するので、シートベルトをお付け下さい」と促された彼女は、「イヤッ」と拒否したのだ。別のCAもホイットニーに「危ないから」と頼んだところ、自分ではやりたくないとデカイ態度をとり、「締めないと降りてもらうことになる」と伝えられると、「じゃアンタに締めさせてあげる」と言い放った。アルコール中毒、薬物中毒で知られる彼女だが、関係者によるとこの時はシラフだったとのこと。ただひどく疲れており、機嫌が悪かったそうだ。ちなみに、デトロイトには新作映画『Sparkle』のロケのため訪れており、撮影現場でも相当なディーヴァぶりを発揮したようだと囁かれている。

■第4位 アレック・ボールドウィン(53歳)

 昨年12月6日、ロサンゼルス発ニューヨーク行きのアメリカン航空に搭乗したアレック・ボールドウィン。iPhoneの人気ゲームアプリ「Words with Friends」を止めようとしないため、CAが「もうすぐ離陸するので電源をお切りください」と促したところ、これを拒否し、iPhoneを持ったままトイレに入ってしまった。入る際にドアを叩き閉めたため、機長もこのことを問題視し、強制的に降りる様命じられてしまった。

 激怒したアレックは、iPhoneでTwitterに「まだゲートに停まっていて、他の客も携帯電話を使っていたのに、自分だけ吊るし上げられた」と、ご丁寧に「アメリカン航空が破産するわけだ」というハッシュタグまでつけてツイート。これに対して、アメリカン航空はFacebookで応戦。「自己主張の強い客」が「乗務員に極めてひどい悪態をつき罵声を浴びせた」ため降ろしたという文を掲載した。アレックはしばらく怒っていたが、時間が経つにつれ「ほかの客に迷惑をかけてすまなかった」と謝罪するように。怒りの沸点が低いこと、熱しやすく冷めやすいキャラクターで知られ、「どこが憎めない」というイメージが定着しているため、世間は「アレックらしい」と生温かく見守っていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング