あの王子様はいま? 渋谷系アーティストたちの現在を大捜査

サイゾーウーマン / 2012年1月5日 8時0分

写真

 小沢健二の2012年度のコンサート『東京の街が奏でる』の詳細が、公式サイト内で発表された。かつて"渋谷系の王子様"として人気を博した小沢だが、懐かしい名前であるとともに一部では伝説と化した小沢の、空白期間から現状までを追った。

 小沢はシングル『春にして君を想う』(EMIミュージック・ジャパン)をリリースした1998年以降、海外に居住していること以外の情報はほぼ遮断された状態で、2002年、また06年にオリジナルアルバムをリリースしたものの、この2作に関してのプロモーション活動はほぼ皆無といっていい状態だった。メールマガジン(数本配信したのみで現在は廃止状態)、ラジオ出演や雑誌インタビューなど点々と本人の肉声に触れることはあったものの、コンサートやテレビ出演といった生身の姿を確認できる機会は一切なかった。

 そんな状態が続いていた2年前、突如としてオープンしたオフィシャルサイトで告知された13年ぶりのコンサート発表は「もう音楽活動を行うつもりはなくなったのか」と目されていただけに大きな話題となった。

 しかし、このコンサートに関してもプロモーションはオフィシャルサイト上のみで行われ、本人がテレビや雑誌等に出演することはなかった。そこである週刊誌では、小沢のファンである女性記者がコンサート終了後に度々直撃取材を行っていた(本人はほとんどコメントをしていない)。そして「フライデー」(講談社)は関係者の話として小沢が結婚しているとスクープし、スポーツ紙なども「復活コンサート中のオザケン、入籍発覚」などと報じた。

 今回のコンサート発表を受け改めて取材を行ったが、レコード会社である東芝EMI(現EMIミュージック・ジャパン)は小沢との契約に関して「担当者がすでに退職しているため時期は分からないが、すでに(契約が)切れていることは間違いない」とコメント。またこちらも詳細な時期は不明だが、小沢は90年代中頃には「ドアノック・ミュージック」という個人事務所に所属していた。当時連載を行っていた雑誌『オリーブ』(マガジンハウス)によれば、小沢と親交があったCMプランナー佐藤雅彦氏が取締役で、マネジャーも存在していたようだ。結局オープンはしなかったようだが、ファンクラブ開設の企画などもアナウンスされていた。

 しかし佐藤氏の事務所に問い合わせるも、担当者は「会社はすでに他人に譲渡しているため、弊社とは関係がありません」との回答。しかしコンサート会場で販売された著作物には「ひふみよ出版 ドアノック・ミュージック」と記されていたこと、また動画サイトにコンサートの音源をアップしたユーザーに対し、同社スタッフを名乗る人物が削除を求めたという出来事もあった。この人物は私立大学の教員で、小沢の父親でドイツ文学者である小澤俊夫氏の研究所職員でもあることから、個人事務所は文字通り身内での経営に変化したようだ。俊夫氏の事務所は「取材の対応は行っていません」とのこと。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング