パクリ? インスピレーション? マネされて口撃し合うセレブたち

サイゾーウーマン / 2012年4月9日 12時0分

写真

 最近よく話題に上る、セレブのパクリ疑惑。芸風をパクられた、ステージパフォーマンスをパクられた、はたまたイメージやスタイルそのものをパクられたと、さまざまな疑惑がタブロイド誌を賑わせている。

(このほかの画像はこちら)


 疑惑をかけられたセレブの多くは「インスピレートされた」ことは認めるが、パクってはいないと否定する。インスピレートとパクリの線引きはとても難しいものだが、「どう見てもクロだろう」と思える疑惑も少なくない。

 今回は、パクリ疑惑をかけられたセレブの中から、明らかにクロというケースをピックアップした。

■第5位 ブリトニー・スピアーズをパクった、ジェニファー・ロペス

 昨年11月に開催された『アメリカン・ミュージック・アワード』でジェニファー・ロペスがパフォーマンスを始めた時、観客は扇状に広がる袖の優雅な衣装をまとった彼女にため息をもらした。この衣装はすぐに剥ぎ取られ、ラスベガスのショーガールのような姿になった彼女は「Papi」を熱唱。直後、その飾りもすべて剥ぎ取られボディスーツだけになったのだが、誰もが息を飲んだ。ブリトニー・スピアーズが2004年にリリースした「Toxic」PVで着用していたボディスーツに瓜二つだったからである。

 ボディスーツの胸と局部にはキラキラしたストーンが散りばめられており、きらびやかでゴージャスなのだが、ほかは肌色のため遠くから見ると素っ裸でいるように見える。ジェニファーはその姿でクネリまくり、ブリよりも生々しくエロかっこいいと絶賛された。

 出産前の22歳の時にブリトニーが着た衣装を、双子出産した後の42歳でジェニファーが着た点でも世間は高く評価。パクッたジェニファーの勝ちとなった。

■第4位 ヴィクトリア・ベッカムをパクった、ケイティ・ホームズ

 夫同士が友人であることから仲良くなった、ケイティ・ホームズとヴィクトリア・ベッカム。洗練されたヴィクトリアのスタイルに魅了されたケイティは、彼女にファッション・アドバイスを求めるようになり、イモ臭いテレビ女優からハリウッド大スターの妻へと華麗に変身することに成功した。ケイティは雑誌のインタビューで「同じイベントに出席する時は、ヴィクトリアに必ず電話して、『何着るの? 何色にする?』って聞くの」と明かしており、ファション的にかなり依存していることを自認している。

 しかし、ケイティは次第にヴィクトリアのファッションをそのままマネするようになり、似たような髪形、同じ衣服、仕草までマネるように。ヴィクトリアになりたいがために1日900カロリーダイエットに精を出すようにもなり、やせ細り出す始末。そんなケイティを見て、トム・クルーズは心配になり「もう交流するな」と提言したとも伝えられている。

サイゾーウーマン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング