やはりコンドーム不足? メダリストたちが夜の街に繰り出し、美女をお持ち帰り

サイゾーウーマン / 2012年8月9日 13時0分

 一方で、水の怪物と崇められていたものの、本調子ではなかったマイケル・フェルプスは、金メダルを持参し、ソーホーのクラブに繰り出した。ライアンの「プールで用を足してる」発言を受け、「みんなプールの中で放尿しているし」と仰天フォローしたマイケルは、今大会は不調でありながらも金メダル4つ、銀メダル2つを獲得。五輪史上最多の通算18個の金メダルを手に入れ伝説の男となった。引退宣言もした彼は、ライアンたちのようなドンちゃん騒ぎではなく、金髪美女としっとりお祝いをしたと伝えられている。

 当初、「謎のブロンド美女」と伝えられていたこの女性は、ハリウッドのナイトクラブで働く25歳のミーガン・ロシーという女性。米ゴシップ芸能サイト「RadarOnline」によると、マイケルとミーガンは今年1月から真剣に交際をするようになったが、オリンピックのことを考え、付き合いを公にしなかったとのこと。情報筋によると、2人は客とウェイトレスとして出会ったそう。ミーガンはパリス・ヒルトンの元カレであるダグ・レインハートのアプローチを断り、「面白くて、優しくて、一緒にいて楽しく、共通点の多い」マイケルを選んだと報道されている。

 なお、ミーガンはモデルとしても活躍しているが、マイケルは今後は彼女にモデルだけで活動をしてほしいと思っているそうだ。交際期間は短いが、将来のことも真剣に考えており、近々プロポーズをするかもしれないとウワサされている。

 競技だけでなく、女性もがっちりとゲットしているライアンとマイケル。先週、オリンピックの選手たちに無料配布された15万個のコンドームが、すでに足りなくなってしまったというびっくりニュースが流れたが、それを裏付けるような怪物たちのエピソードである。

※画像はマイケル・フェルプスとミーガン・ロシー(ミーガン・ロシーのツイッター)より


【関連記事】

選手を応援したり、口悪く実況したり……セレブのオリンピックツイートが面白い!

ビル・ゲイツ、オリンピック観戦中に撮られた「アップル」ネタ動画が話題に!

ヤワラが金を獲ったあの夏。ビール片手に『柔道部物語』……あの頃の私



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング