性とドラッグに奔放だったのは幻? 聖女に生まれ変わったセレブたち

サイゾーウーマン / 2012年1月10日 12時0分

写真

 人間、誰にでも消し去りたい過去のひとつふたつはあるものだ。海外セレブたちの中にも、映画に出てきそうな、とんでもない過去を持つものが多い。ハリウッドは、どんなにヤンチャなことをしていても、メイクオーバーし、生まれ変わり、成功を手に入れることができる世界。最悪のビッチであっても、アバズレであっても、聖女に生まれ変わることができるのである。

 今回は、若いころに相当ハメをはずしていたものの、見事メイクオーバーした「ヤンチャだったセレブ」をご紹介する。

■第5位 ヘザー・グラハム

 米誌「Peope」が毎年特集している「世界で最も美しい女性トップ50」の常連であり、ベビーフェイスがキュートだと人気を集めているヘザー・グラハム。吸い込まれそうな青い瞳をもつ美しい彼女は演じる役柄からか"小悪魔"だと表現されることが多いが、男好きなハリウッドのパーティーガールと呼ばれていた時期がある。

 女優になるため大学を中退したヘザーは、敬虔なカトリック信者である元FBI捜査官の父と児童作家の母に厳しく育てられた反動からか、ハリウッドでパーティー三昧の日々を送るように。男関係も派手で、ジェームズ・ウッズ、ヒース・レジャー、ラッセル・クロウ、レオナルド・ディカプリオ、エドワード・バーンズなどなど、ひるむことなく大物も食いまくり、そのセックスライフがゴシップの的になった。インタビューでも「薬物依存患者の気持ちが、痛みが分かる」と発言。彼女にとっても薬物は男だと明かし、相当なアバズレだと言われるようになってしまった。

■第4位 ファーギー

 ヒップホップグループ「ブラック・アイド・ピーズ」の紅一点、エロかわいい魅力と独自のファッションセンスでファンを魅了する歌姫ファーギー。話し方がキュートでピースフルな女性としても知られているが、その昔は薬物中毒の問題児だった。

 幼いころから芸能活動をしてきたファーギーは、自分の気持ちを抑えるクセがついてしまい、それがストレスになってしまったとのこと。次第にプライベートで荒れるようになり、18歳のころにはドラッグとセックスを楽しむようになっていた。レズビアン・セックスもしたことを明かしており「男と何人やったかは言わないけど、アタシかなりのセクシュアルな人間だし」とも発言している。また、覚せい剤にも手を出してしまい体重が激減。薬物の売人から銃を突きつけられる経験もし、「このままでは死ぬ」と更生を決心し、見事ジャンキーを克服。その後は、歌手としてのビジョンを明確に持てるようになり、成功への道を突き進むこととなった。

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング