占い初心者必見! 対面占い、メール占い、電話占いのメリットデメリット

サイゾーウーマン / 2012年7月10日 9時10分

写真

 かなりの占い好きでも、「実はちゃんと直接鑑定してもらったことはない」という人は意外に多くいます。あるいは「対面鑑定」はあるけれど「電話鑑定」はないなど、体験済みの鑑定方法にも偏りがあります。

 「してみたいけれど、していない」一番の理由は情報不足。インターネットには占い鑑定の窓口があふれていますが、どの鑑定を選べばいいのか、どうやって鑑定を受ければいいのか、初心者が一番欲しい情報がありません。

 そこで、全くの初心者の方々へ向けて、占い直接鑑定を初めて受ける際どうすればいいのか、手取り足取り具体例を挙げながらご紹介していきます。

【初級編・その1】
どの鑑定方法を選べばいいの? 鑑定種類のメリット・デメリット

 悩みを占い師に鑑定してもらうには、主に3つの方法があります。

(1)対面鑑定
(2)電話鑑定(電話占い)
(3)メール鑑定(メール占い)

 相談者が直接占い師に会って占ってもらう「対面鑑定」。電話で話しながら占ってもらう「電話鑑定」。相談内容を占い師にメールで送り、メールで回答が届く「メール鑑定」。どれも相談者の悩みに、占い師がマンツーマンで答えます(メール鑑定には定型文を送りつけてくる悪質なものもあるようですが、ちゃんとしたメール鑑定は、占い師自身が回答メールの文面を一通一通書いています)。

 鑑定方法が違えば、内容も値段も、占い師が得意とする悩み相談も違います。まずはそれぞれのシステムのメリット・デメリットを見ていきましょう。

■「対面鑑定」
○メリット
 最大のメリットは、占い師の顔と表情を直接見られること。どんな道具でどんなふうに占っているのか、ベテランなのか素人なのかも、見ればなんとなくわかります。また、占い館で鑑定してもらう場合、所属占い師の身元がしっかりしているというのも安心できる点です。

×デメリット
 占い師の元に出かけなければならないというのが一番の難点。対面鑑定を受けられるのは、首都圏や、地方でも主要都市が中心になります。さらに値段設定も高め。たとえば1人の占い師が、「対面」と「電話」両方で占い鑑定を受け付けている場合も、対面のほうが2~3割高めに設定されている場合が多いようです。

■「電話鑑定」
○メリット 
 全国どこでも占ってもらえるのが最大のメリット。会社の昼休みでも、自宅で寝る前にでも、時間は自由。また、顔が見えないことも、恥ずかしがりで顔を見ながらだとうまく話せない人にとってはメリットになります。値段設定も、対面鑑定よりは比較的安めです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング