占い初心者必見! 対面占い、メール占い、電話占いのメリットデメリット

サイゾーウーマン / 2012年7月10日 9時10分

×デメリット
 占い師のレベルのばらつきが大きい、というのがデメリットでしょう。テレビに出ているような有名占い師が電話鑑定していることもあれば、タロットを覚えたての素人同然の占い師もいます。大抵の場合、プロフィールを見ることができるので、事前に確認しておくといいでしょう。

■「メール鑑定」
○メリット
 顔を見られず、話もせずに占ってもらえるのが一番のメリットです。人に話しにくいような相談内容、たとえば、性的な問題、禁断愛などの場合も、メールのほうが相談しやすいでしょう。さらに、質問、回答の両方が文字として記録に残るのも大きなメリットといえます。鑑定料金も上記3つの中では一番安価です。

×デメリット
 占い師のレベルのばらつきが一番大きいのが最大のデメリット。有名占い師、鑑定歴の長い占い師は、メール鑑定料金もそれなりに高く設定されています。さらに、回答への質問ができないのもデメリット(質問1回のみOKとされている場合もあります)。質問内容は、最初にしっかりまとめておかなければなりません。

 さらに、以上の3つの鑑定方法それぞれに、「占い館」が受付・運営している場合と、「個人」で受けている場合があります。それにも、それぞれメリット・デメリットがあります。

■「占い館」(占い事務所、電話占いやメール占い会社など)
○メリット
 鑑定料金がハッキリしていて、お金のトラブルがないということが一番のメリット。事務所を通しているので、万一の場合、クレームを言えるという点も。

×デメリット
 事務所経費が上乗せされますので、値段はどうしても高めになります。たとえば占い館で3,000円払って占ってもらうとします。占い師個人が受け取るのは1,000円以下。残り2,000円は事務所の運営費になります。

■「個人」(個人HP経由、SNSなどでの鑑定申し込み)
○メリット
 安いのが一番のメリットでしょう。修行中の占い師が1,000円くらいの低料金で占っていることもあります。プロとして活躍している占い師の場合は値段もそれなりになりますが、事務所経費が入らないぶん安い、とはいえるでしょう。

×デメリット
 占い師のレベルがピンキリ。そして占い師のメールアドレスしか知らないような場合、万が一、占い師に逃げられたら、訴えることもできません。

 以上、各鑑定方法について各自の状況に合わせてメリットとデメリットを考えて選ぶことになりますが、どの鑑定方法を選ぶにしても、占われることに慣れていない初心者は、まず始めは占い館を通して占ってもらうほうが安全かもしれません。

 次回は、鑑定方法別の具体的な料金や鑑定時間についてです。
(高橋桐矢)


【関連記事】

電話占いのカギを握るのは、占い師ではなく"受付"だった!?

料金分、満足いく鑑定をしてもらう方法を占い師がレクチャー

占いアンチも口コミ情報も2ちゃんねるにはもうない! Twitterでつながる占い師と相談者

占い男子が増える予感? 「女にモテたい!」と手相を学びに占い学校へ通う男性が急増!?

自分の運命を知りたい人は東洋系占いを! 意外と知らない悩みと占術の関係



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング