会いにいけるアイドルに転落!? 山下智久、まるで「ドサ回り」な新曲イベント

サイゾーウーマン / 2012年6月12日 8時0分

 現在放送中のフジテレビ系アニメ『トリコ』のエンディング曲にも起用されている山下智久の「LOVE CHASE」。7月4日にCDリリースが決定しているが、その売り方が「必死すぎ」と、ファンの間で話題となっている。

(画像はこちら)


 今回のCDは、それぞれ特典の異なる、初回限定盤A(CD+DVD)、初回限定盤B(CD+24Pフォトブックレット)、通常盤(CD)、ローソン限定盤(CD+DVD+ローソン限定B2サイズ告知ポスター)、山下智久SHOP限定盤(CD+DVD+山下智久SHOP限定B2サイズ告知ポスター)の全5パターンで発売が予定されている。すべて揃えるだけでももちろん大変なのだが、さらにCD3形態を購入した人だけが応募できる限定イベント「近くでやまぴーに会える」キャンペーンの開催が発表されたのだ。

 握手会も含めた豪華な内容になるというこのイベント。東京、神戸をはじめ広島、福岡、札幌、仙台、名古屋、横浜の全国8カ所、なんと全17公演で開催されるという。すべてを合計すると2万9,800人が招待されるため、1人3枚購入するとしても、最低8万9,400 枚は確実に初動売り上げが見込める計算だ。

「もちろんほかのジャニーズタレントも、CD購入者への特典イベント、感謝イベントはたびたび行っています。しかし、ここまで細やかに全国を巡り、回数を重ねるのは珍しいですよね」(ジャニーズに詳しい記者)

 山Pファンからは、このあからさまな売り方に、さまざまな声が上がっている。

「私のまわりのファンの子からは、『抽選とかいって地方は全プレ状態じゃないの?』『3種購入で、3,700円を払ってイベントに行けるなら、交通費を払っても安いかもしれない』『また握手会(笑)。しかもドサ回りって……』『やっぱソロ失敗なんじゃない?』などの言っていますよ」(熱心なファン)

 NEWSを脱退したことで、気軽に「会いにいける」アイドルと化した山下智久。ファンにとってはうれしいことかもしれないが、そんな痛々しい手法で必死に1位を獲得することが、彼の本意とは思えないのだが……。


【関連記事】

山下智久、主演ドラマが低視聴率で打ち切りの可能性も!

「じっとモニターを見つめてた」新生NEWSのお披露目で錦戸亮が見つめた先

なぜNEWSの脱退を急いだ? 花道を描き始めたジャニー社長の思惑

サイゾーウーマン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング