クリス・ブラウンが新曲でリアーナを侮辱! いよいよ腐れ縁が切れるか

サイゾーウーマン / 2012年5月12日 8時0分

写真

 DVが原因で別れたクリス・ブラウンと、Twitterを通して、3年たった今でも未練がましくコンタクトをとり続けてきたリアーナ。彼女の猛アプローチにより復活は時間の問題だと報じられたこともあった。しかし、いつまでたっても煮え切らないクリスに新曲で侮辱され、やっと彼への想いを断ち切る決心がついたようだ。

 2009年2月のDV事件後、距離をとっていたリアーナとクリス。しかし、昨年5月にクリスが突然リアーナをTwitterでフォローし、リアーナも間髪入れずにクリスをフォローするように。動揺するファンに対して「Twitterだけの話じゃん。何も変わんないわよ。落ち着きなよ」とリアーナは言い放ち、年末には「お前が思っている以上に、オレはお前のことを愛しているんだぜ」「私も、あなたを愛しているわ」とツイートし合っていた。クリスの母親も、「ハロー、元気? ずっと会えなくて寂しいわ」とTwitterでリアーナにアプローチをかけており、ふたりはTwitterで再び愛を確かめ合い深めていると伝えられた。

 そんなクリスが10日、Twitterで、カニエ・ウェストの新曲「Way Too Cold(Theraflu)」と「Mercy」にかぶせたフリースタイルを発表。その5分後に、リアーナが「あぁ、みじめな奴」とツイートし、クリスをフォローすることをやめたため、深夜にも関わらず、Twitter上で大きな話題となった。ツイートには、#neaux1currrrr(誰も気にとめてないし)という嫌味っぽいハッシュタグまでつけており、リアーナの怒りがかなり深いことを知ることができる。

 リアーナが腹を立ててた理由だが、曲中の「オレの元カノとファックすんなよ、タチの悪いマ○コだからよ/この業界のニガーたちはみんなウンザリしてんだよ/かぼちゃを粉砕するように木を揺さぶり彼女をメチャクチャにしちまえ/ビッチはブレイキング・コードだけど、パスワードはオレ様だ」という部分だと見られている。クリスは「元カノ」が誰なのかは最後まで明かしておらず、聞き手によって解釈されるものとなっているのだが、クリスの元カノといえばリアーナというのは全世界が知っていることであり、リアーナ自身もそう解釈したのだろう。「粉砕」という言葉でDVの記憶が蘇ったのかもしれない。

 リアーナとクリスは07年に『MTV Video Music Awards』で一緒にパフォーマンスしたことがきっかけで交際に発展。当時、リアーナ19歳、クリス18歳。若いふたりは、音楽界のプリンス&プリンセス・カップルだと呼ばれるようになった。ジャマイカのリゾートホテルのプールでいちゃつく姿がパパラッチされたり、クリスマス休暇を共に過ごすなど、順調に交際を重ねていると思われていたリアーナとクリスだが、09年のグラミー賞授賞式前夜に口ゲンカがヒートアップし、クリスはリアーナを殴り暴行罪で逮捕。事件直後に、顔面アザだらけで悲しそうにうつむくリアーナの写真が流出したことにより、クリスは「全女性の敵」「社会の敵」というイメージで見られるようになってしまったのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング