岡田将生に大河の語り部は重荷過ぎる! 実力以上のオファーばかりで耐えられるのか?

サイゾーウーマン / 2012年2月15日 9時0分

写真

[芸能人成功への道]

――人気の低迷やウワサに振り回され、人には言えない悩みを抱える芸能人。彼らをさまざまな鑑定方法で勝手に占い、今後も飛躍し続けることができる成功への道へとお導きいたします。今回鑑定する芸能人はこのお方。

■今回のターゲット
岡田将生
1989年8月15日生まれ

 現在、ドラマ『聖なる怪物たち』(テレビ朝日系)で主演を務める岡田将生さん。また、NHK大河ドラマ『平清盛』にも源頼朝役で出演、ドラマの語り部にも大抜擢されました。大河ドラマには幅広い世代の視聴者がつくので、ここでさらに知名度を上げたいところですが、岡田さんのナレーションでは若すぎて重みがないと不評のよう。このままでは人気上昇どころか低迷してしまわないでしょうか?占い師の遼庵先生に、霊視・霊感、数秘術などから鑑定してもらいました。

【岡田将生さんの本質】

 岡田さんはとても素直な人で、周りの意見、そしてファンの言葉を大切にし、期待に沿えるよう努力します。しかし、悪い言い方をすると、とても優柔不断。自分の意見を持っていないため、アドバイスを受けるたびに、今まではいいと思っていたこともコロッと変えてしまう傾向があります。岡田さんはまだ若いですし、いろいろなものを吸収する時期なので、これをプラスに生かせば役者としても成長できるでしょう。

【岡田将生さんの仕事運】

 岡田さんは、2008~2009年にかけて映画賞を総ナメにしましたが、本人は「周りに乗せられている」と感じているようです。実際、芸能界で評価を受けていても、一般人の認知度はそこまで高くありません。考えられる要因のひとつとして、岡田さんには突出した個性がないため、視聴者の印象に残り難いことが挙げられます。今はいろいろなことを吸収する時期だと割り切って勉強すること。そして自分の個性を探し、それを磨くことが成長するためには必須です。

 また、岡田さんはNHK大河ドラマ『平清盛』の語り部に抜擢されていますが、役者としてはまだまだ浅いと言わざる得ない岡田さんにとっては少々荷が重いでしょう。しかし、この体験を自分の血肉とし、今後の芸能活動に生かせることができれば決して無駄にはなりません。今回のこの貴重な体験をどう生かし、成長することができるのか、岡田さんの真の実力が問われるでしょう。

【岡田将生さんの恋愛運】

 岡田さんは、いわゆる「草食系男子」。自分から積極的に女性にアピーするのは苦手なようです。どちらかというと、同性の友達と遊ぶほうが楽しいと感じているのかもしれません。どちらにせよ、今は恋愛より仕事に重きを置いているので、当分は女性関係の進展はなさそうですね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング