1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

『家族のうた』打ち切りのオダギリジョーは被害者か否か?

サイゾーウーマン / 2012年5月15日 9時5分

写真

[芸能人おせっかい占い]

――今日の人気が明日続くとは限らないシビアな世界・芸能界。熱愛やスキャンダルに巻き込まれ、姿を消していく人も数知れず。そんな芸能人を勝手に占い、より活躍できるように、おせっかい承知でアドバイスさせていただきます。

■今回のターゲット
オダギリジョー
1976年2月16日生まれ

 6月3日の放送をもって打ち切りが決まった、オダギリジョーさん主演ドラマ『家族のうた』(フジテレビ系)。初回放送6.1%の視聴率(ビデオリサーチ調べ/関東)でスタートした同ドラマ。以降。3.6%、3.3%、3.1%と下がり続け、2000年以降の、民放連続ドラマプライム帯最低視聴率を更新しました。ドラマ放送スタート前には脚本のパクリ疑惑が浮上するなど、ネガティブな印象を持ったままスタートしたドラマ。かつ、同一時間帯に放送されている、SMAP・中居正広さん主演ドラマ『ATARU』が放送され、こちらは視聴率が好調のよう。今回のドラマの結果は、オダギリさんの今後の活動にどのような影響をおよぼすでしょうか? 占い師の先生に鑑定してもらいました。

■運気が悪いから問題作を引き寄せた?

 まず、占う前に実際にドラマ『家族のうた』(フジテレビ系・5月13日放映)を見てみました。低視聴率のうわさは知っていたのですが、本当につまらないのかどうか、それを確認したいと思ったわけです。そして……まず、最初の10分でオダギリジョーさん演じる主人公が嫌いになりました。

 不作法で無神経でだらしなくて、ロック・ミュージシャンを勘違いしている。これはオダギリさんが悪いと言うよりも、脚本の問題でしょう。それと、コメディータッチなんでしょうが、「引きつった笑顔」のような、どこかにムリがあるような違和感が漂っています。とても家族揃って楽しめる雰囲気ではありません。

 低視聴率の一番の要因は、脚本にあると思います。そもそも、この脚本自体、『パパはニュースキャスター』(TBS系)のパクリ疑惑がネット上で騒がれていたわけで、テレビドラマといえども、ネットの影響は無視できません。

 では、そのような問題のあるドラマに出たオダギリさんも被害者ではないか? と言えば、これは占い的には「本人の運気が悪いから、そのような仕事を引き寄せるのだ」という解釈になります。

■役者としてのダメージは大

 では、本当に運気が悪いのかどうかを占星術で検証しますと、ドラマがスタートする4月以前から予兆が表れていたはずです。時期的には昨年11月頃でしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング