『アメリカン・アイドル』審査員が全員卒業!? 後継にC・シーンや大物歌手も

サイゾーウーマン / 2012年7月18日 12時0分

写真

 アメリカの国民的オーディション番組『アメリカン・アイドル』の審査員を2年間務めてきたスティーヴン・タイラーとジェニファー・ロペスが、番組を去ることを発表した。2人の降板が確定したことで、人々の関心は「誰が新審査員を務めることになるのか」へと移っており、米メディアは審査員候補の名を次から次へと報道。同番組の審査員に就任すると、莫大なギャラだけでなく好感度が大きくアップすることから、大御所歌手が「ぜひ、やりたい」と発言するなど、全米から注目されている。

 2002年の放送開始直後から高視聴率をキープし続けている『アメリカン・アイドル』。ジェニファー・ハドソン、アダム・ランバートら数多くのスターを輩出していることで有名だが、この番組で審査員を務めると、好感度がグンと上がることでも知られている。

 初代審査員の歌手・ダンサーのポーラ・アブドゥルは出場者のことを親身に思いやる発言で人気を集め再ブレイクし、イギリスで活躍していたプロデューサーで辛口審査員といわれたサイモン・コーウェルも的確なアドバイザーだと絶賛され、アメリカでの知名度を一気に上げた。ワンシーズンのみ審査員を務めたエレン・デジェネレスも頭の回転の速さでイメージアップし、カーラ・ディオガルディが降板させられた時には残念がる声が多く上がった。

 シーズン1からずっと審査員を務めているランディ・ジャクソンは、今やアメリカで一番有名な音楽プロデューサーと言っても過言ではない。シーズン10から審査員を務めているスティーヴンとジェニファーも今や人格者として評価されるようになり、新曲が爆発的に売れるなど良いことずくめである。

 『アメリカン・アイドル』同様、ほかのオーディション番組でも、審査員に就任すると過去のスキャンダルをチャラにでき、再び国民的スターにのし上がることができるという方程式が出来上がっている。泥酔・失態スキャンダルが続いたクリスティーナ・アギレラは、『ザ・ヴォイス』の審査員に就任したことで人気を復活させCDの売り上げも伸ばした。ブリトニー・スピアーズと、リハビリ施設を出所したデミ・ロヴァートは、今シーズンから『X ファクター』の審査員に就任しており、まだ放送前だというのに、「今日はこんなドレスを着ていた」など、連日話題を振りまいている。

 このようにオイシイ審査員の仕事だが、撮影期間中は拘束時間が長く、自由な時間がないためストレスになることと、観客の前で撮影される上に生放送のため失言できないというプレッシャーがあり、精神的にも肉体的にもかなりの重労働ともいわれている。そのため、スティーヴンとジェニファーが、『アメリカン・アイドル』シーズン12に続投するのかが関心の的となっていた。

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング