1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

小室哲哉、「Twitter炎上」の自虐ネタも! 泥臭い仕事ぶりに業界の反応は

サイゾーウーマン / 2012年12月13日 13時0分

写真

 2008年11月の総額約5億円の詐欺事件後、いったんは鳴りを潜めていたが、昨今、テレビ露出の機会が増えてきた小室哲哉。バラエティ番組で、自身のTwitterが炎上したことをあっけらかんと話したり、男性俳優とキスをしたりして笑いを取るなど、かつてカリスマプロデューサーとして羨望を集めた時代からは想像もできない一面を見せている。所属事務所や家族のため、どうしてもお金が必要な現状であると伝えられる小室だが、視聴者からは、そのあまりのギャップに驚きの声が上がっている。

 小室は毎月1回、日曜深夜に不定期放送されている『スナック喫茶エデン』(フジテレビ系)で、バラエティ番組に初のレギュラー出演している。同番組は、毎回ゲストと共に芝居形式でトークを行う音楽番組で、芝居はほぼ出演者同士のアドリブで進行。小室はスナック喫茶「エデン」の常連客・売れない小説家“こむろさん”を演じ、AKB48の派生ユニット「ノースリーブス」(高橋みなみ、小嶋陽菜、峯岸みなみ)や、リリー・フランキー、鈴木浩介らとの掛け合いを見せている。

 しかし、出演決定のニュースが流れると、ネット上では「小室さんがアドリブ演技? 必死すぎ」「仕事を選んでいられなくなったのか」などと、批判的な書き込みが多く見受けられた。

 また最近では、自ら人気アイドルとのコラボや、かつてヒット曲を生み出したユニットへの再結成に向けた意欲的な発言を行っている。Google+で「25年間職人としては、作曲家としてバイオグラフィーにAKBの名前がないのは格下げになるな、、、独り言」などと、AKB48への楽曲提供を希望する書き込みを展開。さらにTwitterでは、1995年にH Jungle with tとしてユニットを組んだダウンタウン・浜田雅功へ、再結成を求めるラブコールを送っていた。

 小室はTwitter上でフォロワーの質問にもマメに返信しているが、11月中旬には、フォロワーから「まだ執行猶予中にもかかわらず、最近天狗になっていないか」という旨のツイートを受け、「具体的にどこがどの点が天狗なのかおしえてください」などと反論していた。

 バラエティ番組への進出、売れっ子アイドルへの接触、また過去の成功にすがるようにユニットの再結成を求めるなど、決して格好のいい行動ではないため、批判も殺到してしまった流れだ。しかし小室の人間性を知るレコード会社関係者は、こう語る。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング