高校生のキャリーを描く『The Carrie Diaries』vsリアルを追求した『Girls』

サイゾーウーマン / 2012年12月20日 13時0分

写真

 大都会ニューヨークを舞台に4人の個性的な女性たちが本音を炸裂させながら繰り広げる、愛と友情のスタイリッシュドラマ『Sex and the City』(以下SATC)。世界中で社会現象を巻き起こした『SATC』は、その後2回にわたり映画化され、中年になってもピュアなハートを持つバブリーな4人のガールズたちに、ファンは大いに魅了された。

 今年4月、『SATC』を世に送り出した、米最大手ケーブルTV局「HBO」で、ニューヨークを舞台に奮闘する4人の女性たちの日常を描いたドラマが放送スタートした。ドラマのタイトルは『Girls』。メディアはこの作品を、“もう一つの『SATC』”として大々的に取り上げた。役者が最も気にするといわれる業界紙「The Hollywood Reporter」は、この作品を「近年まれに見る、オリジナリティにあふれたドラマシリーズ」と大絶賛。これぞ多くの女性たちが待ち望んでいたポスト『SATC』だと言われるようになった。

 だが、それに待ったをかけるような形で、我こそはポスト『SATC』だと名乗りを上げる新作ドラマが、来年1月に放送スタートすることが発表された。80年代半ばを舞台に、『SATC』の主人公キャリー・ブラッドショーの高校生時代を描いた『The Carrie Diaries』である。放送するのは、青春ドラマの名手「CW」ネットワーク。『SATC』の原作者キャンディス・ブシュネルが執筆した同名小説をドラマ化した作品で、スタイリッシュ系ガールズドラマとして大成功のポテンシャルが高い、新作ドラマだと伝えられている。

 今回は「ポスト『SATC』候補」と題して、この2つの作品を紹介したい。

■『Girls』

 メインキャラクターは4人の女性。タブーなことでもなんでも話し合える女友達で、彼女たちは固い友情で結ばれている。複雑な恋愛事情、厳しいシティライフにくじけそうになりながらも踏ん張っていく姿を描いたのが『Girls』である。

 ここまで読むと『SATC』と同じ要素を持つドラマだと思われがちだが、明白に異なる点がある。『Girls』の主人公は20代であり、ライター志望で出版社のインターンをしているが、自立できるほど稼げず、親の仕送りをあてにしている。『SATC』のキャリーのようにスタイルが良いわけでも、衝動買いした高級ハイヒールが似合うわけでもない。洗礼された男性たちとのセクシーなセックスなど夢のまた夢で、前戯なく挿入される有様。『SATC』が“クールなアラサー女性たちの優雅なシティライフ”だとすると、『Girls』は“バタ臭いお姉ちゃんたちが憧れの都会に出て文句タラタラながらも生きていく奮闘記”なのである。

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング