CHEMISTRY・堂珍嘉邦、離婚間近!? 仕事も“ソロ活動”で解散説も

サイゾーウーマン / 2012年12月24日 9時0分

写真

 かねてから別居が報じられている、CHEMISTRY・堂珍嘉邦が、いよいよ離婚間近だという。周辺の関係者へ「近々お騒がせしてしまいます」という報告が行われているようだ。2000年代を代表するツインボーカルユニットだったCHEMISTRYだが、仕事もプライベートも“ソロ活動”へ向かっていくことになるのだろうか。

 オーディション番組『ASAYAN』(テレビ東京系)から誕生した川畑要、堂珍によるツインボーカルユニット・CHEMISTRYは、01年3月に「PIECES OF A DREAM」でCDデビュー。堂珍は04年6月に、当時「JJ」(光文社)の専属モデルだった妻・堂珍敦子とデキちゃった結婚をしている。同12月に第一子が誕生し、敦子は産休を経てオスカープロモーションに所属となった。07年11月に二男が誕生し、09年6月には第三子・第四子となる双子が生まれた。

 そして堂珍は今年4月のコンサートツアー最終公演で、CHEMISTRYとしての活動を休止し、ソロ活動に専念することを発表。そしてその直後、敦子さんは4人の子どもを連れて家を出て行ったと「女性セブン」(小学館)に報じられたのだった。

 CHEMISTRYの活動休止に伴うように、堂珍は妻や子どもたちと別居生活を開始した。都内の閑静な住宅街にある自宅では、昨年末から堂珍の姿がまったく見かけられなくなったという。4人の子どもたちのことを考えて作られたはずの豪邸だったが、2億円で売りに出されたそうだ。近隣住人の間で、「離婚するのでは」というわさが広まる中、敦子は親しい知人に「長く話し合ったんですけどね。主人と距離を置こうと思って……」と明かしていたという。

「その後は報道がなかったことから、ファンの間では『別居報道は誤報だったのでは』ともいわれていました。しかし実際には、別居が確定した時点で離婚も時間の問題だったようです。4人の子どもの養育費の問題、また敦子さんの今後の仕事に関する調整などもあって、ここまで時間が掛かってしまったんだとか」(週刊誌記者)

 近年敦子さんの露出は増加しつつあり、テレビ番組や講演会などで、精力的に活動を行っている。

「子育ても忙しいはずなのに、資格を取得したりトークショーに参加したりと、大忙しです。ママタレと同じく、彼女のポジションでは、離婚してしまうとオファーが減ったり、スポンサー離れが生じるなど、活動上の問題が発生します。近年の活動は『アーティストの妻』から『美ママ』へシフトチェンジしていこうという、自立への策略だったのかもしれませんね」(同)

 また一方で、活動休止中のCHEMISTRYだが、今後も活動再開の予定はないという情報も。

「『いずれは再結成を』という話がまったく聞こえてこないんです。近年は、堂珍が09年公開の映画『真夏のオリオン』で映画初出演を果たし、今年1月には、川畑が向井理主演のドラマ『ハングリー!』(フジテレビ系)で俳優デビューという出来事も。この状態が続いてしまえば、いずれは解散ということもありそうです」(制作会社関係者)

 デビュー10周年から1年が経過したCHEMISTRYだが、当人やファンにとって、厳しい状況に陥ってしまっていたようだ。今後の堂珍夫妻そしてCHEMISTRYの行く末は果たして?

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング