元関西Jr.の足立匡が、研音所属で「仮面ライダー」に抜擢!

サイゾーウーマン / 2013年1月9日 9時0分

写真

 元関西ジャニーズJr.で、ユニット「OSSAN」のメンバーとして活躍していた足立匡(あだち・たすく)が、現在放送中の『仮面ライダーウィザード』(テレビ朝日系)の新ライダー役に抜擢され、各方面から注目を集めている。

 現在、彼は永瀬匡(ながせ・たすく)の芸名で大手芸能プロダクション「研音」に所属。『仮面ライダーウィザード』では1月6日放送の回より登場し、追加投入された「仮面ライダービースト」こと仁藤攻介を演じている。端正なマスクと身のこなしの軽さも“元ジャニーズJr.”と言われればうなずける話だ。

「足立が関西Jr.時代に所属していた『OSSAN』は、結成の経緯からして異色で、注目を集めていました。なんでも、関ジャニ∞が出演した『なるトモ!』(読売テレビ)をジャニー喜多川社長が見ていた時、共演者から『横山の“よこちょ”って(あだ名は)おっさんやん!』 とツッコまれたシーンがジャニーさんのツボにハマったみたいで……。『“おっさん”いいヨ~! Youたち、頭文字に当てはまるJr.を適当に集めてOSSAN(おっさん)っていう新しいグループ作っちゃいなヨ!』と∞メンバーに電話が入り、急きょ作られたユニットだったって話です……」(関西Jr.に詳しいファン)

 いつもながらのジャニー社長の気まぐれにより、2006年8月に結成された『OSSaN』。当初は“
A”に該当するメンバーがいなかったため、その部分だけ小文字だったが、その穴を埋めるかのように加わったのが足立匡だった。晴れて『OSSAN』に改名し、バンドスタイルのユニットとしてめきめきと活躍の場を広げていったものの、メンバーの脱退なども重なり、08年の冬にユニットは自然消滅してしまう。

「その直後、足立くんは親の都合で神奈川県に転居したんですよね。しばらくは(東京)Jr.の一員としてKis-My-Ft2や内博貴くんのステージにも出演していましたが、特に芽が出ないまま、自分から退所することを決めたようです」(同)

 それから1年以上が過ぎた11年、研音のオーディションに見事合格した足立。同年9月にドラマ『桜蘭高校ホスト部』(TBS系)で俳優デビュー、10月にはドラマ『怪盗ロワイヤル』(同)で連ドラ初レギュラー出演を果たし、映画『悪の教典』で生徒役を演じるなど若手俳優として着実に実績を重ねた末に、新ライダーへと抜擢された形だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング