加藤浩次・小倉智昭・羽鳥慎一が激突! 6~10%獲得“朝の顔”真の王者は?

サイゾーウーマン / 2013年2月8日 13時0分

写真

 主婦をはじめ通勤・通学前など多くの人が目にする朝の情報番組。テレビ局関係者によれば、朝の情報番組の視聴率は「その日のトップニュースで何を扱うかによって大きく変動する」という。バラエティ番組やドラマのように、出演者重視で視聴される番組でもないため、日によって数字の変動が大きいことも特徴の1つだろう。今回は民放各局の朝の情報番組(午前7~9時台)について、2013年1月の視聴率データを元に解析する。

■早朝は『めざまし』が視聴率11%で大金星

 日本テレビ系列では、5時50分から8時まで『ZIP!』を放送中。総合司会を関根麻里と同局の桝太一アナウンサーが務めており、視聴率は6~8%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)で、安定した数字を獲っている。TOKIO・山口達也、EXILE・MAKIDAI、筧利夫、鈴木杏樹がメインパーソナリティーとして各曜日に出演しているが、MAKIDAIが出演している火曜日は1月に3回も8%台を出している。

 テレビ朝日系列の『やじうまテレビ!』(4時55分~8時)は、スタート時からの1時間半は1~3%、6時25分~番組終了時間までの視聴率は少し上がって4~6%に。しかし、同時間帯の中では最も低い数字を記録している。

 続いて5時30分~8時30分に放送している『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS系)は、7~9%台と、比較的高い数字を維持している。

「同時間帯の情報番組では唯一、番組名に司会者の名前が入っており、『朝ズバ』には一定のファンがついている。2011年9月には、みのがテレビ番組で『僕も来年3月に引退の身ですからね』と発言したことを発端に、一時は12年3月をもって芸能界を引退するのではないかと騒動になったこともありました。しかし、これはテレビ局やマスコミの反応をうかがっていただけで、現在まで普通に出演しているところを見ると、本人にまだ辞める気はなさそうです」(芸能記者)

 そして5時25分~8時に放送中の『めざましテレビ』(フジテレビ系)は、開始時から6時10分までの第1部は2~4%、以降の第2部は1月14日に異例の5.7%という低い視聴率を記録しているが、それ以外では7~11%と二桁に届くなど好調な成績をみせている。昨年4月にはフルリニューアルを宣言し、メインキャスターに三宅正治を据えた『めざまし』。数字にはさほど影響なく、第2部は4年連続で同時間帯の年間視聴率トップに輝いた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング