男性声優イベントの先駆け『ネオロマンス』、客席ガラガラお粗末状態の理由

サイゾーウーマン / 2013年3月18日 13時0分

写真

 男性声優イベントの先駆であった、コーエー(現コーエーテクモゲームズ)主催の『ネオロマンス』シリーズのイベントが、現在、閑古鳥が鳴いている状況なのだという。

 『ネオロマンス』シリーズとは、コーエーの女性向け恋愛ゲームの総称であり、そのイベントの歴史は、今から13年前の2000年に遡る。1994年、ゲーム業界初の女性向け恋愛シミュレーションゲーム『アンジェリーク』シリーズを発表し、大ヒット。このゲームから派生したイベント『アンジェリーク・メモワール2000』が、00年に初開催されたのだ。

「当時、男性声優を集めたイベントなど皆無だったため、コーエーの試みはとても画期的でした。『ネオロマンス』シリーズを企画している開発チーム『ルビーパーティ』の設立メンバーは、女性向け恋愛シミュレーションゲームの地位を確立しようと、志を高く持っていました」(ゲーム業界関係者)

 イベント立ち上げ当初は、一階席の半分が埋まれば良い程度の集客力だったという。しかし、ゲームキャラクターである男性声優たちが、生でキャラクターを演じ、キャラクターソングを歌い、観客に対して愛の言葉を囁くという内容がウケて、瞬く間に固定ファンを味方に付けた。

 収容人数5,000人のパシフィコ横浜が埋まるようになったのは、初イベントから5年にも満たない2004年。それから先の2~3年、『ネオロマンス』イベントは大盛況を博したという。

「イベントを打てば即完売。当時、男性声優が揃うイベントは『ネオロマンス』だけだったので、イベント当日は全国のファンがパシフィコ横浜に集結しました。パシフィコ横浜はファンの聖地となり、当然、イベント前後の会場周辺の景気も、『ネオロマンス』ファンのおかげで異常な伸びを見せたそうです」(同)

 短期間で効率的にお金を落とすファンを有する『ネオロマンス』イベント――そこに目を付けたのが、横浜市だったようだ。

「横浜市はコーエーと提携を交わし、パシフィコ横浜大ホールを格安で貸す代わりに、年に何回かのイベントを行うことを義務付けたと聞いています。満員御礼、キャストやスタッフに大入り袋を出すほどの人気絶頂時に、そんなおいしい打診をされたら、コーエー側としては食いつかない手はないですよね」(声優業界関係者)

 その後、契約通り『ネオロマンス』イベントは間を開けず定期的に開催されるようになったわけだが、同時にほかのゲーム会社が、ゲームから派生するイベントに関心を示しだした。そして、コーエーの独壇場だった男性声優イベントは、08年頃から戦国時代を迎えるに至った。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング