CODE-Vメンバーの元彼女、独占告白! K-POPアイドルの日本活動の実態

サイゾーウーマン / 2013年4月2日 13時0分

写真

 元交際相手とのスキャンダルで、3月28日に脱退を表明した、人気K-POPアイドルグループ・CODE-Vのジェウォン。2012年の日本デビュー前から、生活の拠点を日本に移し地道な活動を続けていたCODE-Vだが、メンバー脱退という衝撃的な展開になってしまった。

 事の発端は、20日に公開された元交際相手ワングさん(仮名)の告発ブログだ(現在は削除)。ジェウォンとの交際期間中の出来事をつづった内容だったが、その中身は実に衝撃的だった。「日本のファンはかわいくない」「地震がまたくればいいのに」など、日本で活動する歌手とは思えない言動を取っていたこと、1カ月に50万円を生活費に使い、そのすべてをワングさんが負担していたことなどが暴露されたのだ。ワングさん自身も妊娠・流産と肉体的、精神的に苦痛を負い通院生活を続けているという。サイゾーウーマンでは、現在は韓国に戻り生活しているワングさんに直接インタビューすることに成功。甘いマスクの裏に隠されたジェウォンの本当の姿について、さらにはK-POPアイドルたちが抱く日本活動への思いについても語ってもらった。

──最近の健康状態はどうですか?

「最近、やっと落ち着いてきました。以前は入院していましたが、今は通院しながら治療を受けています」

──ジェウォンと連絡が取れなくなって、どのくらいですか?

「3月14日から連絡が取れません。その少し前から避けている様子でした」

──グループ脱退の発表があったのですが、それについてはどうお考えですか?

「脱退をしようがどうしようが、私には関係ありません」

──告発することで、ジェウォンに伝えたいことはなんですか?

「伝えたいことは特にないです。ファンのみなさんや彼を知っている人たちに、事実を知ってほしかった。以前から彼にはそう話していましたので、今回そうしただけです」

──謝罪を要求していましたが、今はどのような気持ちですか?

「確かに、以前告発した時は謝罪してほしいという気持ちがありました。今は特に謝ってほしいとも思いません。謝る気がないのも明らかですし」

──ジェウォンとは、どうやって付き合い始めたんですか?

「韓国に仲がいい後輩がいました。その後輩と仲が良かったのが、ジェウォンだったんです。私は韓国でも芸能人の知り合いが多かったので、頼みやすかったんでしょう。『日本でジェウォンたちが頑張ってるから、ご飯でもおごってあげて』とお願いされたんです。それで、連絡先を交換するようになりました。最初に会ったのは、原宿のスターバックスでした」

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング